コラム

良いリーダーはどんな行動をとっているか/consumed by(で頭がいっぱいになる)

2017年07月18日(火)16時40分
良いリーダーはどんな行動をとっているか/consumed by(で頭がいっぱいになる)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
What it takes to be a great leader
https://www.ted.com/talks/roselinde_torres_what_it_takes_to_be_a_great...

登壇者:ロザリンデ・トーレス

リーダーシップの専門家であるロザリンデ・トーレス氏は、1年間休業して世界中を飛び回り、素晴らしいリーダーは果たして一体どのような行動をとっているのかを研究した。このTEDトークでは、彼女がそこから学んだことが紹介されている。

トーレス氏によれば、良いリーダーというのは、自社のビジネスモデルあるいは自分の人生における次の変化を予測するために、まず自分の周囲から多くの情報を集めようとする。速いスピードで変化を遂げる現代に必要とされる、重要な姿勢だ。

そして、自分の周りにできるだけ多様な人材を集め、彼らから学ぼうとする姿勢も良いリーダーの特徴であるそうだ。というのは、自分と似たような人で周りを固めると、刺激が不十分になると彼らは考えるからだ。

そして良いリーダーというのは、今まで採ってきた方法を単にそのまま続けるのではなく、リスクをとって新しいことに挑戦するのを厭わない。そうすることによって飛躍が達成されるからだという。

トーレス氏によると、21世紀の素晴らしいリーダーたちは、こうした行動を取って自分を磨いているそうだ。そのため、これはリーダーになりたい人にとっては、ヒントの多いTEDトークだと言える。

【参考記事】女性はなぜ「リスクを取る勇気」がないのか/gravitate towards(引き寄せられる)

キーフレーズ解説

consumed by
~で頭がいっぱいになる
(動画3:12より)

consumed byの文字通りの意味は「~によって消耗される」。例えば、The forest was consumed by the fire.(森は火事によって消滅された)となります。しかしながら、このTEDトークでは比喩的な意味で使われており、ここでは「~で頭がいっぱいになる」や「~で夢中になる」という意味を表します。

このTEDトークでは、トーレス氏がリーダーシップに関する質問でwas so consumed by(~であまりにも頭がいっぱいになった)結果、それをフルタイムで研究するために休業した、という使われ方をしています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●After cheating on the test, he was consumed by guilt.
(試験でカンニングした後、彼は罪悪感で頭がいっぱいになった)

●She sat crying on the sofa, consumed by grief.
(彼女は泣きながらソファーに座り、悲しみでいっぱいになっていた)

●He was so consumed by his work that he forgot to eat.
(彼はあまりにも仕事に夢中になるあまり、食べることを忘れていた)

【参考記事】良い人生とは何か、ハーバード75年間の研究の成果/wildest dreams(無謀な夢)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ワールド

アングル:1942年の日本軍ダーウィン奇襲 静かに

ワールド

焦点:ベイルート大爆発の謎、硝酸アンモニウムは「所

ワールド

アングル:聖域「王室」にも、タブーに挑むタイ若者の

ビジネス

米アップル、iOSアプリ手数料減免を拒否=FB

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本

※次号は8/18(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝罪 

  • 2

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の長鋪汽船に

  • 3

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 4

    「韓国・文在寅の最低賃金引き上げは失策」説を信じるな…

  • 5

    相模原障害者殺傷事件、心底恐ろしい植松聖死刑囚の…

  • 6

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 7

    NTT-NEC提携「5Gでファーウェイに対抗」の嘘

  • 8

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪…

  • 9

    日本が国安法の対象になりつつある香港民主派逮捕と…

  • 10

    北朝鮮、寧辺の核関連施設が洪水で被害か=38ノース

  • 1

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 2

    韓国、ユーチューブが大炎上 芸能人の「ステマ」、「悪魔編集」がはびこる

  • 3

    トランプTikTok禁止令とTikTokの正体

  • 4

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 5

    「元徴用工」の主張に違和感を感じる人たち

  • 6

    モーリシャス政府が賠償請求 座礁事故「わかつき」の…

  • 7

    李登輝前総統の逝去報道──日韓の温度差

  • 8

    バイデン陣営はこれで「ターボ全開」? 副大統領候…

  • 9

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 10

    アメリカ北東部でコロナ感染が沈静化しているのはな…

  • 1

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 2

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 5

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 6

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 7

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 8

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 9

    中国のスーパースプレッダー、エレベーターに一度乗…

  • 10

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!