コラム

内向的な作家が内向型人間の強みを語り尽くす/forsake(見放す)

2018年10月31日(水)13時00分
内向的な作家が内向型人間の強みを語り尽くす/forsake(見放す)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
The power of introverts
https://www.ted.com/talks/susan_cain_the_power_of_introverts

登壇者:スーザン・ケイン

現代社会では、内向的な人は不利な立場に置かれている。外向的な人は上手く立ち回るため、仮にそれが一番良いアイデアでなかったとしても、例えば会議の場などで自分たちのアイデアを通すことができる。また、外向的な人はリーダーとして選ばれることも多い。たとえ内向的な人のほうがリーダーとしてより良い結果を出すことができたとしてもだ。

このTEDトークでは作家スーザン・ケインが内向性の正しい定義を述べながら、その特徴を持つ人の強みを説明している。また、内向的な人から何を学べるか、そしてそれをもっと深く考える方法についても紹介している。人間は皆同じではなく、だからこそそれぞれの違った特徴やスタイルを認めて評価すべきだということを改めて意識させるTEDトークとなっている。


キーフレーズ解説

forsake
見放す
(動画2:20より)

何かをforsakeすると言うと、それを見捨てる、あるいは見放すという意味になります。この言葉はかなり強いニュアンスを持ちますが、ケイン氏はサマーキャンプで持って来た本を読めなかったという話をする際にforsakeを使っています。ここでは彼女はわざとドラマチックに誇張して表現しているようです。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●In order to save money, the bride decided to forsake her plans for a large wedding.
(お金を節約するために、その花嫁は大規模な結婚式を挙げる計画を捨てる決意をしました)

●He is going to forsake his participation in football until he can improve his grades.
(学校の成績を上げるまで、彼はフットボールの参加を辞退します)

●The husband promised his wife that he would never forsake her.
(夫は妻に、絶対に彼女を見捨てないことを約束した)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

MAGAZINE

特集:5Gの世界

2019-3・26号(3/19発売)

超高速大容量の通信でネット利用が快適に...... どころで済まない5Gの潜在力と激変する未来の姿

人気ランキング

  • 1

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 2

    日本の重要性を見失った韓国

  • 3

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【名画の謎を解く】

  • 4

    四川省出身のチャイナラッパーが世界に大躍進

  • 5

    「韓国にまともな民主主義はない」アメリカも抱く誤…

  • 6

    日本よ!「反韓・嫌韓」は時間の無駄だ

  • 7

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「この国に銃は必要ない」ニュージーランドで銃の自…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    モデルの乳がんを、レンブラントは意図せず描いた【名画の謎を解く】

  • 3

    韓国のPM2.5が危機的状況で、比較的空気の綺麗な日本に注目が集まる

  • 4

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 5

    500年間誰も気づかなかったダビデ像の「目の秘密」【…

  • 6

    性転換外科医が患者の性器写真を綿々とインスタに投…

  • 7

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    許せない! オランウータン母子襲われ子は栄養失調…

  • 10

    北斎は幽霊っぽさを出すために子供の頭蓋骨を使った…

  • 1

    日本の重要性を見失った韓国

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 4

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 5

    自殺者数、米軍兵力、初任給... 韓国のリアルを10の…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    【動画】サメを虐待した金持ち息子に軽すぎる刑

  • 8

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 9

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 10

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
NWデジタル編集部ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!