コラム

内向的な作家が内向型人間の強みを語り尽くす/forsake(見放す)

2018年10月31日(水)13時00分
内向的な作家が内向型人間の強みを語り尽くす/forsake(見放す)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
The power of introverts
https://www.ted.com/talks/susan_cain_the_power_of_introverts

登壇者:スーザン・ケイン

現代社会では、内向的な人は不利な立場に置かれている。外向的な人は上手く立ち回るため、仮にそれが一番良いアイデアでなかったとしても、例えば会議の場などで自分たちのアイデアを通すことができる。また、外向的な人はリーダーとして選ばれることも多い。たとえ内向的な人のほうがリーダーとしてより良い結果を出すことができたとしてもだ。

このTEDトークでは作家スーザン・ケインが内向性の正しい定義を述べながら、その特徴を持つ人の強みを説明している。また、内向的な人から何を学べるか、そしてそれをもっと深く考える方法についても紹介している。人間は皆同じではなく、だからこそそれぞれの違った特徴やスタイルを認めて評価すべきだということを改めて意識させるTEDトークとなっている。


キーフレーズ解説

forsake
見放す
(動画2:20より)

何かをforsakeすると言うと、それを見捨てる、あるいは見放すという意味になります。この言葉はかなり強いニュアンスを持ちますが、ケイン氏はサマーキャンプで持って来た本を読めなかったという話をする際にforsakeを使っています。ここでは彼女はわざとドラマチックに誇張して表現しているようです。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●In order to save money, the bride decided to forsake her plans for a large wedding.
(お金を節約するために、その花嫁は大規模な結婚式を挙げる計画を捨てる決意をしました)

●He is going to forsake his participation in football until he can improve his grades.
(学校の成績を上げるまで、彼はフットボールの参加を辞退します)

●The husband promised his wife that he would never forsake her.
(夫は妻に、絶対に彼女を見捨てないことを約束した)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

関連ワード

ニュース速報

ワールド

アングル:サンダース氏がネバダで圧勝、民主指名争い

ワールド

サンダース氏がネバダで圧勝、バイデン氏2位 米民主

ワールド

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

ウイルス潜伏、中国で27日間の症例 想定より長い可

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

  • 3

    映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「リアルさ」

  • 4

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に…

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 7

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 8

    新型コロナウイルス、急拡大の背景に排泄物を介した…

  • 9

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 10

    深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 7

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 8

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!