コラム

「経済成長中毒」な私たちへの提言/harness(生かす)

2018年12月28日(金)11時00分
「経済成長中毒」な私たちへの提言/harness(生かす)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
A healthy economy should be designed to thrive, not grow
https://www.ted.com/talks/kate_raworth_a_healthy_economy_should_be...

登壇者:ケイト・ラワース

国にとっても個別の企業にとっても、絶えず成長していくことへのプレッシャーが強くのしかかっている。経済学者のケイト・ラワース氏は、成長が現代の経済学の前提となっている結果、私たちが「成長中毒」になってしまっていると指摘する。

しかし、地球の資源は限られているため、成長だけを続けていくと、地球の環境を崩し、地球を住みにくい場所としてしまう危険性が高い。対策として、ラワース氏はこのTEDトークで、経済に関する新しい考え方を提唱している。彼女によると、成長を最優先するのではなく、再生と再配分を前提とする経済が必要であるそうだ。

それを実現するためには、金融、政治、そして社会におけるイノベーションが必要で、人工知能(AI)やブロックチェーンなどの新しい技術も活かすべきだと彼女は指摘する。このインスピレーションに富んだトークを聞くと、自分もこの動きに貢献したくなるだろう。

キーフレーズ解説

harness
生かす
(動画12:22より)

harnessはもともと、名詞として使われた場合は「馬車馬の引き具」という意味を持ち、動詞として使われると「馬に装具を付ける」という意味になります。比喩的に使われる際は、エネルギーや自然の力を役立つように生かす、または利用する、という意味です。

馬と同じように、純粋な資源であると言えるものを人間のために使うというニュアンスを持ちます。このTEDトークでラワース氏は、今日の技術を社会のためにharnessできるのではないかと提案しています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●The scientist is studying ways to harness energy from tornados and hurricanes.
(科学者は竜巻やハリケーンのエネルギーを生かす方法を研究しています)

●The company wants to harness the creativity of its employees.
(その会社は従業員の創造性を生かしたいと考えています)

●Turbines harness the power of the wind to make electricity.
(タービンは電力を作るために風力を生かしています)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

ニュース速報

ワールド

訂正-米バイデン政権、国有地での石油・ガス掘削許可

ビジネス

焦点:イエレン氏の「大きな行動」発言に透ける、政府

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸せそうなおじいさん」

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 5

    「中国に甘いバイデン」は誤解、対中改善しようにも…

  • 6

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 7

    イラン最高指導者ハメネイ師関連サイト、トランプを…

  • 8

    EU復帰はあり得ない──イギリスの将来を示すスイスの…

  • 9

    「激痛のあまり『殺して下さい』と口走っていた」医…

  • 10

    ファウチ所長、トランプが去って「解放された」

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 5

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 6

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 7

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 8

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 9

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 10

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!