コラム

超クリエイティブな人こそ、マルチタスクをしている/wrestle with(と格闘する)

2019年04月05日(金)10時05分
超クリエイティブな人こそ、マルチタスクをしている/wrestle with(と格闘する)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
A powerful way to unleash your natural creativity
https://www.ted.com/talks/tim_harford_a_powerful_way_to_...

登壇者:ティム・ハーフォード

相次いで成果を出している人の秘密はなんだろうか。このTEDトークでは、経済学者のティム・ハーフォード氏が有名な科学者や振付師、作家などの調査結果や、作品というアウトプットを分析することで、彼らのクリエイティビティの秘密を明らかにしている。

こういった成果物を多く生み出す人々は、1つのトピックに集中するのではなく、複数のテーマを同時に持ち、その中で頻繁にフォーカスをシフトしているのだとハーフォード氏は言う。そうすることによって頭脳を刺激し、行き詰まったときでも気分転換ができるため、結果としてこれが彼らの創造性に繋がっているというのだ。

「マルチタスクはよくない」と世間ではよく言われる。確かに、例えば運転しながらSNSでメッセージを送るのはよくないことであるが、スローモーションでマルチタスクをするのは実はよい習慣であるそうだ。

複数のことに興味を持ち、自分は手を広げ過ぎていると心配になっているような人にとっては、このTEDトークは安心できるものであるし、逆に刺激が足りないと感じている人には、新しいものへの挑戦を後押ししてくれる。彼のトークは多くの人が学びを得られる内容だ。

キーフレーズ解説

wrestle with
~と格闘する
(動画5:07より)

wrestleは動詞として、レスリングなどで闘うという意味を持っています。withを付けると、困難や問題などと戦う、また格闘することを示します。そのため、「考慮する」よりも強い意味となり、何をすればいいかを決めにくく、頭の中で討論している、あるいは何かの難題を解決することに苦労している状態を示す際の言い方です。

このTEDトークでハーフォード氏は、アルキメデスがwrestling with a difficult problemをしていたというように、この表現を使っています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●The employee wrestled with whether to accept the transfer to an overseas office.
(従業員は海外拠点への異動を受けるかどうかについて葛藤しました)

●Even though it was legalized in his country, the doctor wrestled with the ethics of euthanasia.
(自分の国では合法化されたものの、その医師は安楽死の倫理に葛藤した)

●Whether or not to buy a car is a decision that many people wrestle with.
(自動車を買うかどうかというのは、多くの人が悩む決断です)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

MAGAZINE

特集:ファーウェイの正体

2019-5・21号(5/14発売)

中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

人気ランキング

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    収入が減る一方で家賃は上がる──日本が過去20年で失った生活のゆとり

  • 4

    米中交渉決裂、追い込まれた習近平

  • 5

    イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

  • 6

    シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

  • 7

    噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が…

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 3

    10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

  • 4

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

  • 10

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 8

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!