コラム

超クリエイティブな人こそ、マルチタスクをしている/wrestle with(と格闘する)

2019年04月05日(金)10時05分
超クリエイティブな人こそ、マルチタスクをしている/wrestle with(と格闘する)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
A powerful way to unleash your natural creativity
https://www.ted.com/talks/tim_harford_a_powerful_way_to_...

登壇者:ティム・ハーフォード

相次いで成果を出している人の秘密はなんだろうか。このTEDトークでは、経済学者のティム・ハーフォード氏が有名な科学者や振付師、作家などの調査結果や、作品というアウトプットを分析することで、彼らのクリエイティビティの秘密を明らかにしている。

こういった成果物を多く生み出す人々は、1つのトピックに集中するのではなく、複数のテーマを同時に持ち、その中で頻繁にフォーカスをシフトしているのだとハーフォード氏は言う。そうすることによって頭脳を刺激し、行き詰まったときでも気分転換ができるため、結果としてこれが彼らの創造性に繋がっているというのだ。

「マルチタスクはよくない」と世間ではよく言われる。確かに、例えば運転しながらSNSでメッセージを送るのはよくないことであるが、スローモーションでマルチタスクをするのは実はよい習慣であるそうだ。

複数のことに興味を持ち、自分は手を広げ過ぎていると心配になっているような人にとっては、このTEDトークは安心できるものであるし、逆に刺激が足りないと感じている人には、新しいものへの挑戦を後押ししてくれる。彼のトークは多くの人が学びを得られる内容だ。

キーフレーズ解説

wrestle with
~と格闘する
(動画5:07より)

wrestleは動詞として、レスリングなどで闘うという意味を持っています。withを付けると、困難や問題などと戦う、また格闘することを示します。そのため、「考慮する」よりも強い意味となり、何をすればいいかを決めにくく、頭の中で討論している、あるいは何かの難題を解決することに苦労している状態を示す際の言い方です。

このTEDトークでハーフォード氏は、アルキメデスがwrestling with a difficult problemをしていたというように、この表現を使っています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●The employee wrestled with whether to accept the transfer to an overseas office.
(従業員は海外拠点への異動を受けるかどうかについて葛藤しました)

●Even though it was legalized in his country, the doctor wrestled with the ethics of euthanasia.
(自分の国では合法化されたものの、その医師は安楽死の倫理に葛藤した)

●Whether or not to buy a car is a decision that many people wrestle with.
(自動車を買うかどうかというのは、多くの人が悩む決断です)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

関連ワード

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!