コラム

TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

シリコンバレー有力者の集まるTEDで彼女はフェイスブックを断罪した/as it stands(現状では)

【今週のTED Talk動画】 Facebook's role in Brexit - and the threat to democrac

2019.05.09
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

超クリエイティブな人こそ、マルチタスクをしている/wrestle with(と格闘する)

【今週のTED Talk動画】 A powerful way to unleash your natural creativity http

2019.04.05
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

少女は学校をストライキした──地球を救うために/carry on(続行する)

【今週のTED Talk動画】 The disarming case to act right now on climate change

2019.03.08
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

患者が亡くなることもある──失礼な言動が他人に及ぼす悪影響/show up(振る舞う)

【今週のTED Talk動画】 Why being respectful to your coworkers is good for bus

2019.02.06
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

「経済成長中毒」な私たちへの提言/harness(生かす)

【今週のTED Talk動画】 A healthy economy should be designed to thrive, not gr

2018.12.28
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

ワーク・ライフ・バランスに関する1つの重要な指摘/address(対処する)

【今週のTED Talk動画】 How to make work-life balance work https://www.ted.com

2018.12.03
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

内向的な作家が内向型人間の強みを語り尽くす/forsake(見放す)

【今週のTED Talk動画】 The power of introverts https://www.ted.com/talks/susa

2018.10.31
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

誰もが持っている不思議なコミュニケーション能力/trigger(引き起こす)

【今週のTED Talk動画】 You are fluent in this language (and don't even know i

2018.09.27
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

失敗こそが、過去と違った原理で動く環境には必要/tackle(取り組む)

【今週のTED Talk動画】 Smart failure for a fast-changing world https://www.te

2018.08.27
TEDで学ぶLive English ロッシェル・カップ

みんなオフィスじゃ集中できない、その理由は2つのM/lay off(をやめる)

【今週のTED Talk動画】 Why work doesn't happen at work https://www.ted.com/ta

2018.07.21

MAGAZINE

特集:バイデン 2つの選択

2021年2月 2日号(1/26発売)

新大統領が狙うのはトランプ派との融和か責任追及か オバマ路線は継承するのか見直すのか

人気ランキング

  • 1

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑事責任は?

  • 4

    ワシントンの夜空に現れた「光の柱」の意味

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    選挙が民主主義を殺す──世界3大民主主義国で起きてい…

  • 7

    文在寅大統領の対日姿勢が柔軟路線に変わった理由

  • 8

    ブレグジットしたら意味不明なルールから解放された件

  • 9

    欧州世論調査「米中対立、アメリカ支持は約2割」

  • 10

    恐竜のお尻の穴(総排出腔)が初めて解明される

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 3

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル、豊尻手術失敗で亡くなっていた

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 8

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    自らの恩赦見送ったトランプ、今後待ち受ける民事・刑…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 6

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 9

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 10

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!