コラム

誰もが持っている不思議なコミュニケーション能力/trigger(引き起こす)

2018年09月27日(木)17時30分
誰もが持っている不思議なコミュニケーション能力/trigger(引き起こす)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
You are fluent in this language (and don't even know it)
https://www.ted.com/talks/christoph_niemann_you_are_fluent...

登壇者:クリストフ・ニーマン

このTEDトークでは、イラストレーターであるクリストフ・ニーマン氏が彼自身が何かを想像するときのプロセスを説明しており、また、私たちがあるビジュアルを見るときに起こる頭の中での解釈についても詳しく述べている。

ビジュアルに訴えるイメージは情報を効果的に伝えられるし、見る人の心の中に潜む感情を引き出す力も持っている。少ない情報(要するに、少ない言葉でしか説明されていないイメージ)から、人間は行間を読み、頭の中で完全なアイデアを構築できる。

身の回りにあるさまざまなスケッチや描画について、私たちはあまり深く考えることがないかもしれないが、このTEDトークはそれを作った人の努力を認識するきっかけにもなる。私たちの脳がいかによく出来ているかを、そして私たちが持つコミュニケーション能力を自覚するのにも役立つTEDトークだと言える。

キーフレーズ解説

trigger
引き起こす
(動画5:05より)

名詞の場合、triggerは拳銃の引き金――すなわち、何か動くものを実際に発動させるもの――を意味します。動詞で使われる際は「引き起こす」という意味を持ち、トラウマなどを呼び起こすという意味としても使われています。

このTEDトークで、この言葉は2回登場します。最初は、頭の中にイメージをtriggerするためにどれほどの情報が必要なのかとニーマン氏が質問したとき。2回目はニーマン氏が自分の描画練習法を説明しているときで、彼は家で見つけたランダムなものが本来の用途と関係ないアイデアをtriggerできるかを試していると述べています。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●His comments triggered a backlash.
(彼のコメントは反発を引き起こした)

●Trump's steel and aluminum tariffs triggered a chain reaction around the globe, as many other governments erected their own barriers to prevent cheap metal from entering their markets.
(トランプの鉄鋼とアルミニウムに対する関税は連鎖反応を引き起こし、多くの外国政府は自国の市場に安い金属が入らないよう障壁を張り巡らせた)

●Because she is a survivor of sexual assault, the rape scene in the movie triggered her.
(彼女は性的暴力の被害者なので、その映画の中のレイプのシーンは彼女のトラウマを呼び起こした)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

関連ワード

MAGAZINE

特集:顔認証の最前線

2019-9・17号(9/10発売)

世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

※次号は9/18(水)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

  • 2

    外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

  • 3

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

  • 4

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 5

    アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

  • 6

    【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

  • 7

    2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

  • 8

    香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

  • 9

    「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

  • 10

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 1

    タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

  • 2

    消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

  • 3

    「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

  • 4

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    思い出として死者のタトゥーを残しませんか

  • 7

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 8

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 9

    韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

  • 10

    英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 3

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

  • 7

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 8

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 9

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

  • 10

    「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!