コラム

失敗こそが、過去と違った原理で動く環境には必要/tackle(取り組む)

2018年08月27日(月)11時25分
失敗こそが、過去と違った原理で動く環境には必要/tackle(取り組む)

www.ted.comより

【今週のTED Talk動画】
Smart failure for a fast-changing world
https://www.ted.com/talks/eddie_obeng_smart_failure_for_a_fast...

登壇者:エディー・オベング

我々が気づかないうちに世界のルールは変わってしまうため、過去に正解だったものはもはやそうではなくなってしまう――そう指摘するのは作家であり、ビジネススクールの教授でもあるエディー・オベング氏。

技術の進化は変化のペースが飛躍的に速くなっているし、世の中のさまざまな動きは乱流のようにうごめいている。そんな新しい環境で、イノベーションを求める社長は従業員に「リスクを取りましょう! クリエイティブになりましょう!」と言うものの、今までのルールにおいては少しのミスが命取りになるため、従業員にとっては「クレイジーなことをすれば、首にされる!」というのが正直な感想であるそうだ。

対策としてオベング氏が勧めるのは、新しいことをやってみたが完全に間違っていたという人がもしもいても、その人を褒めてピザでも奢ってあげること。成功した人よりも、トライしてできなかった人に感謝すべきだという。昔のやり方にはまらないで、進化することの大切さを指摘するエネルギッシュなTEDトークだ。

キーフレーズ解説

tackle
取り組む
(動画4:48より)

tackleという言葉の本来の意味は、アメリカンフットボールなどのスポーツでタックルすること、要するに相手を阻止したり取っ組み合ったりすることによって、ボールを取ろうとすることです。そして、そこから比喩的に、何かの難しい問題や複雑な課題に取り組むという意味で使われています。

アメリカンフットボールのtackleは、筋骨たくましく体が大きい選手が全力で自らの体を相手にぶつけていくイメージなので、何かをtackleするというとき、そこには力を使って本格的に戦うというニュアンスが強く含まれています。

このTEDトークで、オベング氏が言うのは、design thinking must tackle big systems(デザイン思考は大きなシステムに取り組む必要があります)というもの。

ここでいくつかこの表現を用いた例を紹介します:

●I'm going to tackle reorganizing my closets this weekend.
(クローゼットの整理にこの週末取り組むつもりです)

●Countries need to come together to tackle climate change.
(各国は一丸となって気候変動に取り組むために協力しなければなりません)

●I plan to get a good night's sleep and then tackle that big report in the morning.
(今夜はしっかり睡眠をとって、明日の朝にあの大きなレポートに取り組むつもりです)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    日本の重要性を見失った韓国

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 7

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    日本の重要性を見失った韓国

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    「韓国の反論は誤解だらけ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!