最新記事

ゲーム

ポケモンGO、一時個人情報にフルアクセス可能だった

2016年7月13日(水)18時15分
キャミー・ハービソン

Sam Mircovich/Illustration-REUTERS

<リリース直後から爆発的な人気を博し多くの話題を振りまいているスマホ用ゲーム「ポケモンGO」だが、iOS版では重大なセキュリティー問題が発生していた>

 6日にアメリカなどでサービスを開始した直後から、爆発的な人気を集めているスマートフォン用のゲーム「ポケモンGO」。あっという間にツイッターに匹敵する数のユーザーを獲得した。だがその一部は、知らずに自分のプライバシーを晒していたことが今週わかった。iOS(iPhone)ユーザーのうち、Googleアカウントを使って「ポケモンGO」にサインアップすると、個人情報へのアクセスをアプリに与える設定になっていたのだ。

個人情報もキャッチ!?

 最初に問題を発見したのは、セキュリティー専門家のアダム・リーブ。ポケモンGOが捕まえているのはポケモンだけではなく、相当量の個人情報も収集している、とリーブは警告した。GoogleアカウントでポケモンGOにサインアップすると、警告もないまま「フルアクセス」許可をアプリに与えてしまうという。GmailやGoogleカレンダー、Google DocsなどのGoogleアプリを開き、ドキュメントを編集したりメールを送ったりと、あらゆることができる権限をも与えることになると、セキュリティー専門家のアリ・ルービンシュタインは言う。

 ポケモンGOを任天堂、ポケモン(「ポケモン」ブランドを管理する日本企業)と共同開発した米ゲーム会社「ナイアンティック」は、指摘を受けるとすぐさまサポートページで声明を発表。設定の誤りを認め、Googleと共同して問題の処理にあたると約束した。

 12日には、問題を修正したiOS版「ポケモンGO」のバージョン1.0.1がリリースされた。日本を含めこれからサービス提供国が増えていくが、こんな騒動だけは願い下げたい。

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年6月
  • 2019年5月
  • 2019年4月