コラム

教育DXで変わる通学路の安全対策

2022年04月18日(月)17時20分
通学風景

通学路の危険を見つけたり、対策を主体的に考えることで、子供たちの安全意識も高まる(写真はイメージです) ferrantraite-iStock

<長野県伊那市の中学で行われたデジタルデバイスを駆使しての「ヒヤリハットグッド・マップ」作成は、交通事故を未然に防ぐ取り組みとして全国に広まることが期待されている>

新年度が始まった。子供たちは期待と不安を胸に登校し、保護者や地域は健やかな成長を願う。一方で、千葉県八街市のような通学路での交通事故が起きないかという心配は尽きない。通学の安全対策の仕組みは古いままの地域も多く、現代に合わせたかたちで体制や仕組みを検討する必要がある。それが2021年のGIGAスクール構想(学校のDX)元年を契機に、ユーザー参加が可能になり、少しずつ変わりつつある。

中学生がまちづくりに参画

長野県伊那市の春富中学校1年生は昨年度、自宅から学校までの危険な場所と楽しい場所、その理由をデジタル端末で入力して意見を集約した。それをもとに解決策を検討して市や県に提案する試みを行い、一緒に対策を講じてもらうよう大人たちを動かした。

この活動が実現した背景には、学校の学び方の変化がある。デジタル端末の活用と自ら考えてグループでプレゼンテーションをするという学習スタイルへの大転換が主な要因だ。

デジタル端末の活用は、文部科学省の方針でパソコンやタブレットを学習用具として活用するGIGAスクール構想の一環だ。新型コロナウイルス感染症の流行により一時は通学できない時期もあったため、学校教育でもデジタルツールが積極的に活用されるようになった。パワーポイントを使った発表、写真や動画を用いた表現、Web会議システム「Zoom」を活用した外部講師の登壇などが日常的に行われるようになってきている。

このようにビジネスの場で行われているような手法が学校教育の現場でも使われており、中学生のまちづくりへの参画が容易になってきている。

伊那市では、このGIGAスクール構想を機に、簡便に通学路の危険箇所や楽しい箇所を集約して見える化するヒヤリハットグッド・マップの作成に乗り出した。春富中学校から新型コロナウイルスの流行によって行事がなくなってしまった生徒たちに何か機会を作ってほしいと申し出があったという。1学年3組あるため、3カ所の危険箇所に対して、自らすぐにとれるアクションも含めた解決策を検討した。

kusuda220418_giga2.jpg

「第2回安全安心の移動を考えるオープン報告会」春富中学校1年2組の発表 道路空間整備システム構築プロジェクトチーム-YouTube

具体的には、「暗いので木を切ってほしい」、「クルマの速度を落としてほしいので看板を作りたい」、「年下の小学生を気遣って、徒歩と自転車の通る所を分けてほしい」などの解決策が挙がってきた。部活が終わると日没後で暗いため、自分たちを(ドライバーに)認識してもらうためのキーホルダーや太陽光で充電できるウォッチのデザイン画まで提示されるなど、柔軟でありながら実現可能なアイデアが提案された。毎日使う通学路だからこその現状分析や問題点の指摘も見事なものであった。

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

テレグラム、1年以内にユーザー10億人超えへ 創業

ワールド

ロシアの洪水、農業部門に大きな影響ない=パトルシェ

ワールド

パレスチナ国連加盟、「2国家解決」につながらず=米

ワールド

中国、米会合で貿易制限に懸念表明 生産能力問題も協
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story