コラム

通学路の交通事故がなくならないのはなぜか?

2022年03月18日(金)17時40分
通学路

点検を実施するのは事故が起きたときだけ?(写真はイメージです) Studio Yoshino-iStock

<子供を巻き込む重大事故が発生するたびに安全点検が行われているが、通学路での事故は依然としてなくならない。新学期を前に、事故防止対策について今一度考えたい>

昨年6月28日の午後3時ごろ、千葉県八街市で飲酒運転の大型トラックが、市道の通学路を一列で歩いていた朝陽小学校の児童5人をはねて2人が死亡、3人に大けがを負わせた。今月2日の論告求刑公判で検察側は梅沢洋被告に対し、懲役15年を求刑した。判決は25日に出る。

事業用自動車のドライバーの問題であると同時に、通学路の安全性について再考を迫るきっかけとなる事故だった。来月から新年度が始まる。通学路の事故を防ぐためにどうすればいいのか、今一度考えたい。

国の要請で一斉に行われた合同点検

八街市の事故を受け、文部科学省は各都道府県・指定都市教育委員会や私立学校に合同点検を要請。全国の教育委員会が中心となり、市町村・学校・警察・道路管理者などが一斉に点検を実施した。

長野県では、まず学校が危険箇所をリストアップし、現地点検の必要な箇所を抽出。その後、昨年9月ごろに学校・PTA・道路管理者と地元警察が合同点検を行い、対策案を検討している。

重点的に点検したのは次のような場所だ。

・見通しのいい道路や幹線道路の抜け道などクルマの速度が上がりやすい箇所
・大型車両の通行が多い箇所
・事故に至らなくてもヒヤリハット事例があった箇所
・保護者、見守り活動者、地域住民から市町村へ改善要望があった箇所

長野県の道路管理において対策が必要とされたのは546箇所。今年2月時点で514箇所の対応が完了し、残りは2022年度内に完了予定だ。

通学路の安全対策の必要性から、国土交通省も2021年度の補正予算や22年度予算案に関連費用を特別に計上した。

過去の点検事例

通学路の交通事故や事件を受けて、過去にも全国一斉で合同点検が行われている。2012年4月、京都府亀岡市で児童の列に自動車が突入する事故が起こるなど、登下校中の事故が相次いで発生。これを受けて文部科学省・国土交通省・警察庁は翌5月から通学路の緊急合同点検を行い、11月に対策一覧表を作成。その後、各地で通学路交通安全プログラムが策定された。

主な対策として以下の措置が挙げられる。

・歩道の設置、路肩の拡幅
・児童が歩くことを知らせるためのグリーンベルトなどのカラー舗装
・防護柵の設置
・自転車と歩行者がぶつからないよう区分するための自転車通行空間の整備
・安全確保のための踏切の拡幅
・車とすれ違う際に危険とならないよう電柱を撤去 など

プロフィール

楠田悦子

モビリティジャーナリスト。自動車新聞社モビリティビジネス専門誌『LIGARE』初代編集長を経て、2013年に独立。国土交通省の「自転車の活用推進に向けた有識者会議」、「交通政策審議会交通体系分科会第15回地域公共交通部会」、「MaaS関連データ検討会」、SIP第2期自動運転(システムとサービスの拡張)ピアレビュー委員会などの委員を歴任。心豊かな暮らしと社会のための、移動手段・サービスの高度化・多様化とその環境について考える活動を行っている。共著『最新 図解で早わかり MaaSがまるごとわかる本』(ソーテック社)、編著『「移動貧困社会」からの脱却 −免許返納問題で生まれる新たなモビリティ・マーケット』(時事通信社)、単著に『60分でわかる! MaaS モビリティ革命』(技術評論社)

今、あなたにオススメ

キーワード

ニュース速報

ワールド

ロシアの制裁逃れ対策強化を、米財務長官が欧州の銀行

ビジネス

中国の若年失業率、4月は14.7%に低下

ワールド

タイ新財務相、中銀との緊張緩和のチャンス 元財務相

ワールド

豪政府のガス開発戦略、業界団体が歓迎 国内供給不足
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:スマホ・アプリ健康術
特集:スマホ・アプリ健康術
2024年5月28日号(5/21発売)

健康長寿のカギはスマホとスマートウォッチにあり。アプリで食事・運動・体調を管理する方法

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気を失った...家族が語ったハマスによる「拉致」被害

  • 3

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 4

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『…

  • 5

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 6

    9年前と今で何も変わらない...ゼンデイヤの「卒アル…

  • 7

    ベトナム「植民地解放」70年を鮮やかな民族衣装で祝…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    服着てる? ブルックス・ネイダーの「ほぼ丸見え」ネ…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 4

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 5

    娘が「バイクで連れ去られる」動画を見て、父親は気…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 8

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 9

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 2

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 3

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 4

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 5

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 6

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 7

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 8

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 9

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story