注目のキーワード

交通

ニューズウィーク日本版『交通』に関する記事一覧

        
クルマ中心の道路計画が招いた「歩行者が一番危ない」という現実
モビリティのこれから 楠田悦子

クルマ中心の道路計画が招いた「歩行者が一番危ない」という現実

<クルマのスムーズな通行を最優先し、歩行者や自転車の安全が侵食されてきた結果、子どもの登下校さえ家族...

2021.01.28
        
コロナ禍と乗務員不足で日本に迫る「交通崩壊」の足音
モビリティのこれから 楠田悦子

コロナ禍と乗務員不足で日本に迫る「交通崩壊」の足音

<コロナ禍による需要の減少によって鉄道やバス、タクシーなど交通事業者の資金繰りが厳しくなれば、特に大...

2021.01.15
        
「そこの外国人!」と注意されて... 日本の道は自転車には危な過ぎる
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

「そこの外国人!」と注意されて... 日本の道は自転車には危な過ぎる

<「日本の道路は、車、自転車、歩行者のどれが主役か、はっきりしていない」と、アメリカ人の友人は言う。...

2020.12.30
新星ブティジェッジがアメリカの車社会を変えられるこれだけの理由
アメリカ政治

新星ブティジェッジがアメリカの車社会を変えられるこれだけの理由

<バイデン政権の運輸長官に指名された38歳のピート・ブティジェッジが挑むのは、破綻寸前の交通システム...

2020.12.24
ウーバー、韓国SKテレコムと共同事業 1.5億ドル超出資し配車サービスシェア拡大目指す
韓国経済

ウーバー、韓国SKテレコムと共同事業 1.5億ドル超出資し配車サービスシェア拡大目指す

米配車大手ウーバー・テクノロジーズは16日、韓国のSKテレコムとの共同事業および提携に向け、1億50...

2020.10.16
ロンドン交通局、SoftBank出資の印オラ営業許可取り消し 「公衆を危険にさらしかねない多くの違反」
配車サービス

ロンドン交通局、SoftBank出資の印オラ営業許可取り消し 「公衆を危険にさらしかねない多くの違反」

ロンドン交通局(TfL)は、ソフトバンクグループが出資しているインドの配車アプリサービス、オラの営...

2020.10.05
スリランカ、日本支援のLRT整備計画を停止 大統領が事業費に懸念か
都市交通

スリランカ、日本支援のLRT整備計画を停止 大統領が事業費に懸念か

スリランカは、首都コロンボの交通渋滞を緩和するため日本の資金援助で進めていた次世代型路面電車(LRT...

2020.09.25
        
ドイツで進む「新しいクルマ」のあり方 企業も市民も行政も価値観を変えた
欧州新首都:ベルリンから世界を読む 武邑光裕

ドイツで進む「新しいクルマ」のあり方 企業も市民も行政も価値観を変えた

<ベルリンでは、数年前からMaaS(サービスとしてのモビリティ)の可能性を実感できるサービスが次々と...

2020.08.07
ロックダウンで事故は減っても死亡率上昇 コロナ下の世界の交通事情
感染症

ロックダウンで事故は減っても死亡率上昇 コロナ下の世界の交通事情

この春、新型コロナウイルスのまん延に伴うロックダウン(都市封鎖)により、交通量が大幅に低下し、自動車...

2020.07.07
イギリス、15日から公共交通機関でマスクなど顔を覆う物の着用義務付け 違反には罰金も
感染症対策

イギリス、15日から公共交通機関でマスクなど顔を覆う物の着用義務付け 違反には罰金も

英国のシャップス運輸相は4日、同国でバス、鉄道、航空機、フェリーを利用する際、乗客はマスクなどで顔を...

2020.06.05

人気ランキング

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice