コラム

Edge of Europe コリン・ジョイス
Edge of Europe コリン・ジョイス

ラグビーW杯の日本躍進は奇跡でも偶然でもない

<イギリス人なのにラグビー嫌いの筆者をラグビー好きに変えたのは4年前の日本戦だが、今回の日本大会はラグビーそのものを変え、世界の目を日本に向

2019.11.01
Edge of Europe コリン・ジョイス

ブレグジットはなぜここまでこじれたのか? 「典型的な離脱支持者たち」はこう考える

<民意のままに進められると期待されたEU離脱は何の進展もないまま3年が経過したが、今となっては国民投票の正当性を疑ったり司法の力を使って離脱

2019.10.16
Edge of Europe コリン・ジョイス

消費増税が痛い今こそ見直したい、不合理で結局は損な消費行動

<10ポンドを2人で分けるなら? 6000円で買ったチケットが余ったら? 行動経済学で見た人間の行動はかくも合理的とは程遠い> 記者をしてい

2019.10.01
Edge of Europe コリン・ジョイス

東京五輪の前に、ロンドン五輪の結果が待ち遠しい

<ドーピングで132人が失格処分となり、メダル剥奪の選手が続出していまだに勝者が決まっていない競技もある2012年のロンドンオリンピック。五

2019.09.19
Edge of Europe コリン・ジョイス

英高級住宅地で繰り広げられる、移民と異文化と犯罪と混乱の大カーニバル

<今では最富裕層が住む地域になったノッティングヒルで、1960年代から続くカリブ系移民のカーニバルは、大盛況で活気に満ちているが毎年トラブル

2019.09.05
Edge of Europe コリン・ジョイス

イギリスの薬物汚染を加速させる「カウンティ・ラインズ」の暗すぎる実態

<地方の町で起こった殺人事件からあぶり出されたのは、ティーンエージャーを調教してドラッグの越境運び屋に仕立て上げるギャングの汚いやり方> こ

2019.08.03
Edge of Europe コリン・ジョイス

国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

<サッカー女子ワールドカップを見ていて驚いた、日本人選手の「胸に手」。愛国心を見せつけるアメリカ的習慣がなぜ、いつから取り入れられた?> 先

2019.07.10
Edge of Europe コリン・ジョイス

「ブラック労働」必至の英首相になぜなりたがる?

<どう考えても損な役回りになる次期英首相を目指す英保守党党首選で、こんなにも多くの候補者が権力と名声を求める理由は> 政治家は権力が好きだ。

2019.06.25
Edge of Europe コリン・ジョイス

貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特典」を享受する

<イギリスの富裕層は貧困層より10年長生きして、年金を長く受け取り医療保険を長く利用する> ロンドンへ向かう電車の中で僕は、「poverty

2019.06.07
Edge of Europe コリン・ジョイス

ブレグジット騒動さなかの欧州議会選挙で見えたイギリス人の本音

<欧州議会選では残留派、離脱派ともにブレグジットに対して意思表示する絶好のチャンスだったのに、彼らは(熱心な残留支持者ですら)やっぱりEUに

2019.05.30

MAGAZINE

特集:上級国民論

2020-2・25号(2/18発売)

特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

人気ランキング

  • 1

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 2

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)若者たち

  • 3

    韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

  • 6

    韓国激震、新型コロナウイルスで初の死者 感染急増1…

  • 7

    「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

  • 8

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメ…

  • 1

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 2

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

  • 3

    ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

  • 6

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 7

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 8

    韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

  • 9

    新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

  • 10

    クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!