コラム

ボストン市長選で民主党左派のアジア系女性候補が勝利 今後の米政治への影響は?

2021年11月04日(木)16時40分

ボストン市長選で勝利したミシェル・ウーはコンサル企業で実務も経験している Brian Snyder-REUTERS

<民主党左派がグリーン・エコノミーや格差是正といった政策を大都市でどう実現させるか、その手腕が注目される>

11月2日は11月の第2火曜日ですから、アメリカにとっては「選挙の日」です。今年は、国政選挙のない「谷間」の年ですが、それでも一部の地域で地方選挙があり興味深い結果が出ています。

まず、ニューヨーク市長選では、民主党の中道派であるアダムス候補が共和党のスリワ候補に圧勝しました。このニュースは、すでに事前から圧倒的な優位が伝えられており、政治的には話題になっていません。

話題になったのは、バージニアの州知事選で共和党が勝利したことで、これはトランプ復権だとか、LGBTQへの配慮などが優先される民主党の教育政策が否認されたなどの解説がされています。それが予算を通せないバイデンの苦境に重なって、「2022年の中間選挙では、バイデン氏苦戦か」といった予想も見られます。

ですが、これもそう簡単に見通せる話ではないと思います。というのは、バージニアだけでなく、ニュージャージーでも民主党の現職マーフィー知事が苦戦しているからです。(現時点では僅差のリード)

知事選の争点はコロナ

そのニュージャージーでは教育は大きな争点になっていません。では、どうしてこの2州の知事選で民主党が苦戦しているのかというと、有権者の深層心理としては、やはりコロナ問題が大きいと思います。

学校の対面授業再開に時間がかかったこと、マスクやワクチンの義務化、強力なロックダウンへの反発など、有権者の間には、この1年半の州政に対して、「全体としての強い不満感」が蓄積されていると考えられます。日本で言えば、この夏に菅政権がサンドバッグ状態になったのと同じ心理です。

ということは、反対にこの後、アメリカでのワクチン接種率が改善するなどして、コロナの状況が好転すれば、日本における今回の衆院選のような流れが生まれる可能性は十分にあります。ですから、今回の地方選、とりわけバージニア知事選の結果だけを見て、共和党復権という流れを予想するのは早計だと思います。

今回の地方選で特記すべきは、ボストンという大都市の市長選で、36歳の台湾系女性ミシェル・ウー候補が勝利したことです。若さ、女性、移民2世ということばかりが強調されていますが、ウー候補の勝利が重要なのはその政策です。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

欧州エアバス、11月引き渡し66機 通年目標引き下

ワールド

プーチン氏、ウクライナ巡る協議に前向き=大統領府報

ビジネス

ユーロ圏PPI、10月は20年5月以来の前月比低下

ワールド

11月の世界食料価格、8カ月連続低下=国連機関

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:台湾半導体 王国に迫るリスク

2022年12月 6日号(11/29発売)

急成長で世界経済を席巻するTSMC。中国から台湾を守る「シリコンの盾」に黄信号が?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明した「犬が本当に考えていること」

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    フィギュアファン歴30年の作家も驚く「羽生結弦が見せた神対応」

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 6

    プーチンの「忠犬」ルカシェンコ、暗殺に怯える日々

  • 7

    「メーガンは正しかった」──英王室幹部が黒人差別で…

  • 8

    プーチン後のロシアは正真正銘の「ギャング国家にな…

  • 9

    【W杯】イラン国民が米国勝利を祝う皮肉、「体制の犬…

  • 10

    日本人が知らない、少年非行が激減しているという事実

  • 1

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 2

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファンの足もと見たカタールにしっぺ返し

  • 3

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は震え、姿勢を保つのに苦労

  • 4

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 5

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 6

    「性的すぎる」広告批判は海外でも...高級ブランドが…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    うつ病とは「心のバッテリー」が上がること...「考え…

  • 9

    「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止…

  • 10

    父親は「連続殺人鬼」 誰も耳を貸さなかった子供の訴…

  • 1

    セレブたちがハロウィンに見せた本気コスプレ、誰が一番? 「見るに堪えない」「卑猥」と酷評されたのは?

  • 2

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...FSB内通者のメールを本誌が入手

  • 3

    血糖値が正常な人は12%だけ。「砂糖よりハチミツが健康」と思っている人が知るべき糖との付き合い方

  • 4

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 5

    W杯、ホテルは想定外のガラガラ状態 サッカーファン…

  • 6

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 7

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 8

    「犬は飼い主に忠誠心をもつ」は間違い 研究で判明し…

  • 9

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 10

    食後70分以内に散歩、筋トレ、階段の上り下り。血糖…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中