コラム

トランプ時代のアメリカでは、炭酸飲料の香料まで訴訟の標的に

2018年10月09日(火)19時20分
トランプ時代のアメリカでは、炭酸飲料の香料まで訴訟の標的に

標的となったリナロールは自然由来の香料にも含まれている…… barmalini/iStock.

<今のアメリカは「声の大きな人間」が幅を利かせる時代――無害なはずの香料も集団訴訟のターゲットになってしまう>

アメリカの清涼飲料水業界では、いわゆるコーラ系の飲料は長期低落傾向にあります。その代わり、2000年前後までは「アイスティー」が流行し、また「スターバックス」などの「アイスコーヒー」も登場しています。ですが、近年最も人気があるのは「セルツァー」などと呼ばれる「スパークリング・ウォーター(炭酸水)」です。

スパークリング・ウォーターといえば、フランスのペリエやイタリアのサンペレグリノなどが有名で、アメリカでも大変に人気があります。ですが、こうした輸入ブランドは比較的高価なので、これに対して国産の安い製品がシェアを伸ばしている状態です。

そのなかでも「ラクロア」という飲料は、カロリーゼロで、淡いフルーツ風味が付加されていることで飲みやすいのと、欧州風の缶のデザインが洗練されていることで、ヒット商品となっていました。ペリエより安いとはいえ、コーラ系飲料の倍近い価格でも売れており、ビジネスとしても成功例になっています。

その「ラクロア」が、集団訴訟(クラス・アクション)の標的にされてしまいました。ABCテレビが報じたところでは、イリノイ州を舞台に大規模な訴訟が提起されているというのです。

訴えの趣旨としては、「この飲料は『オールナチュラル(全て天然成分)』と言いながら、ゴキブリ用の殺虫剤を香料として使用しており、消費者を欺いている」というのです。

ターゲットとされているのは「リナロール」という成分です。確かに、この「ラクロア」には香料として使用されています。と言いますか、全世界で非常に有名であり、芳香剤、香水、飲料、食品などに幅広く使われている「香料」です。そして、恐らくは、工業的に生成されたものであると思われます。

では、ゴキブリ殺虫剤というのは本当かというと、これも間違いではありません。リナロールは、虫の嫌う芳香を放つので、多くの殺虫剤に使われているからです。

虫には有害なら人体に対してはどうかというと、人体に対する安全性は各国で証明されています。端的にいえば、リナロールというのは、コリアンダー、オレンジ、ジャスミン、ラベンダーなどの芳香成分の一部であり、人類は有史以前から摂取してきたと考えられるからです。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク「30年内紛」

  • 2

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    米中衝突の兆し、米「航行の自由」作戦に業を煮やす…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「北センチネル島」の宣教師殺害事件で問われる「未…

  • 7

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 10

    ファーウェイ事件で、米中ビジネス幹部の出張キャン…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 8

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!