コラム

就活ルールの議論では、企業も大学も学生のことを考えていない

2018年10月30日(火)14時50分
就活ルールの議論では、企業も大学も学生のことを考えていない

recep-bg-iStock.

<早いか遅いかではなく、大切なのはキャリア観を醸成すること。大学生はむしろ、1年生から「活動」をすべきだ>

就職活動のルールが話題になっている。就職協定があっても、ルール破りが横行し形骸化が指摘されてきた。

日本経済団体連合会(経団連)に加盟しない外資やベンチャー、中小企業などが協定を無視して早期に接触し内定を出す。大学は、就活の早期化が学問や留学に悪影響を及ぼすことを懸念。

そんな中、9月に経団連の中西宏明会長が、就職・採用活動のルールに関する音頭を取らない旨の発言をしたことから一気に世間が騒がしくなった。

そして、10月29日に、政府主導で2021年春入社の就活ルールが決定された。それは現状の、大学3年生の3月に説明会、4年生の6月に面接解禁を変えないというものだ。

キャリア支援の実践者である筆者としては黙ってはいられない。一番大事な、学生のキャリア形成という視点が抜け落ちているように感じられるからだ。

就活ルールには、人生100年という視点が必要

結論を言おう。大学生はむしろ、1年生から「活動」をすべきなのだ。あえて活動と書いたのは、「就職活動」ではなく、「社会を知り、自分自身を知り、将来を考える活動」をすべきだということだ。社会を知るうえで、企業活動の内容を知ることはとても参考になる。企業を知ることを、イコール就職活動と考えることをやめるべきなのだ。

「人生100年時代」という言葉が当たり前になり、70歳まで働く時代がすぐそこまで来ている。政府は未来投資会議(議長・安倍晋三首相)で、その環境を整えるための議論に着手した。

現在の学生にとって就職活動の期間は、70歳まで働くための基礎となるキャリア観や、自分の強みは何で、どうやって換金価値を一生高め続けるのか、それらを考えるための貴重な時間のはずだ。今までの就活ルールのように短期間で決めることに無理がある。

なぜ短期間しか考えないのか。その答えは、学生と話してみるとわかる。不思議なことに多くの学生が、必ずしも就職活動を前向きに捉えていないのだ。

就活にネガティブなイメージを持っており、就活はどちらかというと嫌なことで、やらなくていいのであれば、ぎりぎりまで先延ばしにしたい。そして、これ以上遅らせるとまずいかもしれないというタイミングで動き出す。それが、人によっては、3年生夏のインターンシップ応募であり、3月の説明会参加なのだ。

確かに、普段と違う世界の人とコミュニケーションをとることは、慣れるまでは緊張を強いられる。また、選考されるという意識を持ち、圧迫面接などの言葉を耳にすると、できれば避けたくなる気持ちも理解はできる。

しかし、そんな思いでいざ就活を始めてみると、途中で楽しくなったという学生もいる。知らなかった社会の仕組みや、アルバイトとは違う仕事の醍醐味を生の声として聞いた時、視界が開け、世の中への興味が急速に広がるのだ。

プロフィール

松岡保昌

株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

ニュース速報

ワールド

メイ英首相、24日に辞任表明の見通し=タイムズ

MAGAZINE

特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

2019-5・28号(5/21発売)

トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

人気ランキング

  • 1

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練された方法を持っていた

  • 2

    日本の正社員の給与の約半分は40~50代前半の社員に支払われている

  • 3

    パリで過熱する日本ブーム 300万人が訪れた「ジャポニスム2018」の立役者たち

  • 4

    利他の心に立つ稲盛和夫が活用する京都の日本庭園「…

  • 5

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 6

    京都を愛したデヴィッド・ボウイが涙した正伝寺の日…

  • 7

    「作り物」のクイーン賛歌は、結局本物にはかなわない

  • 8

    ロシア爆撃機がアラスカに接近、米戦闘機がインター…

  • 9

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 10

    日本人の英語が上手くならない理由 『日本人の英語…

  • 1

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    トランプの言うことは正しい

  • 6

    ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

  • 10

    中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

  • 1

    徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

  • 2

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 5

    59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 8

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 9

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 10

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!