コラム

就活生と企業の「ズレ」を解消する、面接の3つのポイント

2019年03月19日(火)14時25分
就活生と企業の「ズレ」を解消する、面接の3つのポイント

bee32-iStock.

<学生と企業は求めているものが違うが、こんな就職活動のままでは新入社員の離職願望問題は解決せず、学生も企業も幸せになれない。そもそも学生の間では、企業研究・自己分析に対する誤解が蔓延している>

3月1日、2020年卒大学生の就職活動がスタートした。学生は「就職」と呼び、企業は「採用」と呼ぶ。求めるものが違うので、面接という場所で、双方が火花を散らす。

企業は面接で、本来なら自社に合う人材なのかを厳しく見極めたいところだが、採用難の時代ゆえに、甘い言葉を含めて魅力付けにパワーをかける。学生は、とりあえず内定は欲しいが、どこに入社するかは内定が出そろってからゆっくり考えたい。

お互いの気持ちも分かるが、双方に考えてほしいことがある。何を理解して入社すれば、学生も企業も幸せな選択になるのか。

実際、双方のこの「ズレ」が、新入社員の離職願望問題を生んでいる。

人材会社マンパワーが1月に、入社2年目までの転職経験がない正社員に調査したところ、何と約4割が1~3年程度で離職したいと答えている。この調査対象者の就職活動時は、既に売り手市場。自分の意思で企業を選び、夢と希望を持って入社したはずだ。それがわずか1~2年で、4割もの人が他に移りたいと願っている。

筆者はキャリアコンサルタントとして、学生の就職活動の支援を行っている。また、企業の顧問として、採用活動の現場にも立ち会っている。

両者の立場が分かるからこそ言えるのは、「就職活動」と「採用活動」の溝があるままでは、こういった問題はいつまでも解決できないということだ。では、学生は、企業は、一体どうすればいいのだろうか。本稿では、学生側の問題を中心に取り上げたい。

多くの学生は「企業研究」と「自己分析」を誤解している

学生の面接をしていて気づくのは、企業研究について誤解している人が多いということ。

企業研究のために企業のホームページや就活ポータルサイト、採用パンフレットを必死に読み、説明会に出ては、その企業の特徴を記憶する。面接で志望理由を聞かれた時に、そのことに魅かれたと答えるためだ。しかし、筆者の経験から言って、企業は本音ではそれらを求めているわけではない。

自己分析についても誤解している人が多い。

自分の価値観や強みや弱みを知ろうと、過去を振り返ったり、友人知人に聞いてみたり、診断ツールを受けてみたりと、様々な努力をしている。しかし、どんなに自分と向き合っても、自分を理解しただけでは、アピールポイントは見つけられないはずだ。

本当に良い出会いだったと企業も学生もお互いに思え、その後の離職願望問題の解決にも役立つような「面接」には、3つのポイントがある。

プロフィール

松岡保昌

株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 8

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 9

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 10

    歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!