注目のキーワード

企業

Newsweekアーカイブ『企業』に関する記事一覧

        
消費者はなぜ愚かなのか
転機の日本経済 小幡 績

消費者はなぜ愚かなのか

<不味くて価格もさして安くないペットボトルのお茶や水が日本ではいつまでも売られているのはなぜなのか─...

2018.06.25
社員を幸せにしてくれる「ホワイト企業」の絶対条件
仕事

社員を幸せにしてくれる「ホワイト企業」の絶対条件

<高額の旅行補助から無期限の休みまで、欧米企業は社員を幸福にしようと必死だが、本当の幸せは物質的な特...

2018.06.22
アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ
メディア

アジア駐在の欧米特派員はセクハラ男だらけ

<アジアで活躍する欧米ジャーナリストの性的モラルの低さを知ってほしい――しかも「苦しむ女性たち」の記...

2018.06.21
        
高度プロフェッショナル制度と、日本が直面する頭脳流出の危機
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

高度プロフェッショナル制度と、日本が直面する頭脳流出の危機

<日本の経済界が制度の実現を望む背景には、高度な技術を持った人材が流出してしまうことへの危機感がある...

2018.06.05
米イラン制裁で世界最大級のガス田が中国の手に?
イラン核合意

米イラン制裁で世界最大級のガス田が中国の手に?

<トランプ政権の対イラン制裁再発動は、中国にとってはエネルギー資源確保の好機になる> フランスの天...

2018.05.31
アマゾンが売り込む「監視社会」、顔認証技術を警察に提供
テクノロジー

アマゾンが売り込む「監視社会」、顔認証技術を警察に提供

<人権団体が警察への提供中止を求めたがアマゾンは応じず。次は、投稿写真で最強のフェイスブックなどの参...

2018.05.24
        
アメフト悪質タックル問題に見る、日本の指導者の「弱さ」
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アメフト悪質タックル問題に見る、日本の指導者の「弱さ」

<今回の問題が日本社会において大きな関心を呼んだのは、同じような事例が社会の様々なところに見られるか...

2018.05.24
イランから撤退せよ──トランプ政権からの「指図」にドイツ企業反発
対イラン・ビジネス

イランから撤退せよ──トランプ政権からの「指図」にドイツ企業反発

<トランプがイラン核合意からの離脱を表明したのと同日、ドイツに着任したばかりの米大使が「ドイツ企業は...

2018.05.10
シリコンバレー成長信仰の危険なツケ
シリコンバレー

シリコンバレー成長信仰の危険なツケ

<成長持続を至上命題としてきた企業を次々襲う事故や非難、スキャンダル――使命を口実にした無謀な競争の...

2018.04.24
フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか
ソーシャルメディア

フェイスブックはなぜ全米を激怒させたのか

<マーク・ザッカーバーグの支配下、責任あるプラットフォーム企業として外部の意見も要望も聞こうとせず、...

2018.04.12
資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
Pen編集部アルバイト募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら