コラム

テクノロジーで農業の画一化に抗う 東大研究員西岡一洋

2016年01月13日(水)17時57分

 当時、研究生活をテーマにしたブログも綴っていた。このブログつながりでワイン好きの農家仲間とつながり、ついには山梨・塩山に醸造用ブドウ専用の畑を設立、ワイン造りに乗り出した。元々桃畑だったため、中心の農家と一緒に仲間みんなで抜根・造成を行った。国内で唯一、ジンファンデルと呼ばれる安定生産が難しい品種のワイン作りに挑戦し、今ではロゼタイプのホワイト・ジンファンデルをリリースしている。「難しいなら、いや難しいからこそ、テクノロジーとナレッジでなんとかやってやろうじゃないか」。サイエンティスト、エンジニアとして気持ちが奮い立った。

データ可視化で一気に広がる視界

 ブドウ作りで、最も大事なのは水やりだ。ブドウは乾燥した気候が適している言われているが、水が少な過ぎてもいいブドウは育たない。元々降水量が多く台風被害に晒されやすい日本は、気候に適した品種や樹形を探究する必要がある。

 そこでブドウの木の中を樹液がどの程度吸い上げられているのかを計測するセンサの開発と低コスト化に取り組んだ。幹にヒーターを巻きつけ、熱がどう逃げたのかを解析することで、樹液の流れを数値化する仕組みだ。このセンサを使うことで、植物が環境にどう反応しているのかを正確に知ることができるという。

 そして使い続けていると、どの程度の温度、湿度、日射量なら、今現在植物が何ミリリットルの水を吸い上げているのか、センサなしでも分かるようになるという。「新しい視界が一気に開けます。植物に対する見方がガラッと変わります。農家にとってターニングポイントになると思うんです。そのことを多くの農家に伝えたい」。

 もちろんこのセンサはブドウ以外にも利用可能だ。作物によっては水やり技術の習得には10~15年かかるとも言われている。多くの農家はこれまで、勘と経験に頼って潅水をやってきた。このセンサで、そうしたやり方は間違いなく変えられる。

 特にこれから農業に挑戦しようという若者に使ってもらいたいという。「技術の習得に10年もかかれば、新規就農者は経営破綻してしまう。このセンサを使うことで水やりの技術を3年で習得してもらいたいんです」。農業を通じて個性を表現したい若者が増えれば、画一化とは別の方向の農業文化、食文化が生まれるかもしれない。

 また最近は気候変動によりフランスやアメリカなどの世界的なワインの産地においても降水量の増加や歴史的大干ばつによって土壌の水分管理が困難になりつつある。世界的にも樹液流計測システムのニーズはあるはずだという。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

WHO事務局長、新型コロナ対応を擁護 トランプ氏の

ワールド

国連総長「今はコロナ対応評価すべきでない」、米大統

ワールド

NY州の新型コロナ死者、連日の最多更新 社会的距離

ワールド

欧州で新型コロナ感染拡大継続、抑制策解除は時期尚早

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    韓国・文在寅政権にとって日韓通貨スワップの要請は諸刃の剣

  • 2

    在日ドイツ大使館、日本の新型コロナ検査数の少なさを懸念

  • 3

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(8日現在)

  • 4

    中国製コロナ検査キット使い物にならず、イギリス政…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 6

    夏には感染は終息する、と考えていいのか? 

  • 7

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 8

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 9

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    人前で「コロナ」と言ったりマスクをするだけで逮捕…

  • 9

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 10

    中国からの医療支援に欠陥品多く、支援の動機を疑え…

  • 1

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 2

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!