コラム

AIエージェントの時代はどこまできているのか

2024年05月07日(火)12時40分
(写真はイメージです) julien Tromeur-Unsplash

(写真はイメージです) julien Tromeur-Unsplash

<AIエージェントがどの程度パソコンを操作できるかを探る「OSWorld」論文が注目を集めている>

*エクサウィザーズ AI新聞から転載

今年のAI業界のホットなテーマの1つはAIエージェント。そんな中、エージェントに関する1つの論文が話題になっている。

「OSWorld」というタイトルの論文で、現段階のAIエージェントはどの程度優秀なのかを計測しているもの。著者は香港大学のTao Yu氏を初めとする研究者の国際チーム。

AIエージェントの定義はいろいろあるが、この論文の中では「置かれた環境をセンサーなどで把握し、論理的に行動するAI」のように定義されている。つまり人間のようにパソコンを自在に操作できるAIということだ。

確かに最近のAIは、いろいろなパソコン操作が既に可能だ。もちろんパソコン上のボタンを押すことも、文字、数字を入力できる。アプリやソフトウェアのマニュアルを読んで理解し、アプリやソフトを操作することも可能。プログラミングもある程度できるし、検索、文書生成もできる。テキストを音声に変換し、音声ボットとして電話もできる。営業トークもできる。顧客との電話のやり取りで得た情報を表計算ソフトに入力することもできる。

つまりこの方向でAIが進化すれば、人間がパソコンを使って行う仕事のほとんどは、AIでもできるようになる。AIにできない仕事を探すほうが難しくなるのではないだろうか。そうなればAIエージェントは世界経済に非常に大きな影響を与えることが予測される。今われわれはそうした時代の入り口に立っていると言えそうだ。

ではそうした時代に向けて、今後AIはどのように進化していかなけらばならないだろうか。一般的には3つの技術の進化の方向が挙げられている。

一番大きく進化しなければならないのはReason(論理的思考能力)だろう。人間から与えられた仕事をこなすために、何をどう実行すべきかを考える力だ。1つの大きな仕事をこなすために、その仕事をいくつかのタスクに分解することも必要になってくる。

もうまもなくリリースされると噂されているOpenAIの次期LLM(大規模言語モデル)GPT-5では、論理的思考が大きく進化すると言われている。またOpenAI以外の有力AI企業も同様の能力を持つLLMを開発しているとみられている。

2つ目はVision、つまりコンピューターの画面を見て意味を理解する能力だ。どのボタンをクリックすれば、前のページに戻れるのか、どのボタンを押せば注文を確定できるのかなど、画面上の画像の意味を理解する能力だ。

AppleもこのVisionに関する論文を発表して話題になっている。Appleが発表したのはスマホの画面を理解して操作できるFerret-UIという技術。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ECB、仏国債の臨時購入を検討せず=政策筋

ワールド

イラン、核開発計画に警告したG7声明を非難

ビジネス

米資産運用バンガード、マスク氏報酬案に賛成 テスラ

ワールド

フランス全土で極右政党の国民連合に対する抗議デモ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「珍しい」とされる理由

  • 2

    FRBの利下げ開始は後ずれしない~円安局面は終焉へ~

  • 3

    顔も服も「若かりし頃のマドンナ」そのもの...マドンナの娘ローデス・レオン、驚きのボディコン姿

  • 4

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 5

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 8

    なぜ日本語は漢字を捨てなかったのか?...『万葉集』…

  • 9

    サメに脚をかまれた16歳少年の痛々しい傷跡...素手で…

  • 10

    メーガン妃「ご愛用ブランド」がイギリス王室で愛さ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 9

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 10

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story