注目のキーワード

AI

ニューズウィーク日本版『AI』に関する記事一覧

        
元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」が戦後秩序を崩壊させる
CIAが視る世界 グレン・カール

元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」が戦後秩序を崩壊させる

<人の移動と技術の進歩と温顔化が促す「血と土と紙」信奉で、政治経済のバランスが崩れ始めた――本誌年末...

2020.01.17
ホワイトハウス、CESでAI戦略を講演 過度な介入を制限する規制原理を提案へ
AI

ホワイトハウス、CESでAI戦略を講演 過度な介入を制限する規制原理を提案へ

米ホワイトハウスは7日、人工知能(AI)の開発・利用に関する規制原理を提案した。当局による過度な介入...

2020.01.07
        
爆発する中国のAIパワー
中国経済事情 丸川知雄

爆発する中国のAIパワー

<中国共産党が初めて、「データ」を労働や資本と並ぶ「生産要素」として挙げた。これは、AIの「エサ」と...

2019.12.23
「PCはカウンター・カルチャーから生まれた」服部桂の考える、人間を拡張するテクノロジー
テクノロジー

「PCはカウンター・カルチャーから生まれた」服部桂の考える、人間を拡張するテクノロジー

社会を大きく変えた情報テクノロジーが普及した時代をジャーナリストとして40年もの間、見つめてきた人が...

2019.12.19
        
脳神経を制する者は身体を制す、ニューロモジュレーションの現状と未来
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

脳神経を制する者は身体を制す、ニューロモジュレーションの現状と未来

<神経組織を刺激することで鬱やてんかんの治療もできれば、記憶力・集中力の向上など能力開発の一助となる...

2019.12.10
混迷の英「ブレグジット」総選挙、予測はAIで 世論調査頼みを見直し
投資

混迷の英「ブレグジット」総選挙、予測はAIで 世論調査頼みを見直し

問い:英国議会の解散総選挙の結果をどうやって予測するか。ただし、非常に多くの世論調査が間違っており、...

2019.12.09
        
ロボットよりもデキると思われる人間の管理職の条件
for WOMAN

ロボットよりもデキると思われる人間の管理職の条件

<AIが職場で身近なものになることで、職場でのマネージャーの役割が再定義されている。ロボットにはでき...

2019.11.25
ビンラディン捜索にも活躍したデータ解析大手パランティア、SOMPOと共同出資会社設立
ビジネス

ビンラディン捜索にも活躍したデータ解析大手パランティア、SOMPOと共同出資会社設立

米国の大手ビッグデータ分析会社、パランティア・テクノロジーズは、日本のSOMPOホールディングスと共...

2019.11.18
サブスク化できないものはあるのか? 多方面に広がる定額使い放題の波、既存企業はどうすべきか
ビジネス

サブスク化できないものはあるのか? 多方面に広がる定額使い放題の波、既存企業はどうすべきか

<消費者ニーズが「所有」から「利用」へと移ることによって拡大してきたサブスク市場。生き残りをかけた企...

2019.11.15
がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計
AI vs. 癌

がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計

<世界で約6人に1人が癌で亡くなっている。アメリカを中心に、癌治療にまつわるお金のあれこれを調べてみ...

2019.10.18
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
ニューズウィーク日本版試写会ご招待
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら