注目のキーワード

AI

ニューズウィーク日本版『AI』に関する記事一覧

ビンラディン捜索にも活躍したデータ解析大手パランティア、SOMPOと共同出資会社設立
ビジネス

ビンラディン捜索にも活躍したデータ解析大手パランティア、SOMPOと共同出資会社設立

米国の大手ビッグデータ分析会社、パランティア・テクノロジーズは、日本のSOMPOホールディングスと共...

2019.11.18
サブスク化できないものはあるのか? 多方面に広がる定額使い放題の波、既存企業はどうすべきか
ビジネス

サブスク化できないものはあるのか? 多方面に広がる定額使い放題の波、既存企業はどうすべきか

<消費者ニーズが「所有」から「利用」へと移ることによって拡大してきたサブスク市場。生き残りをかけた企...

2019.11.15
がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計
AI vs. 癌

がん患者の42%が診断から2年で資産を使い果たす:米統計

<世界で約6人に1人が癌で亡くなっている。アメリカを中心に、癌治療にまつわるお金のあれこれを調べてみ...

2019.10.18
がん治療により効果的で安全な薬を開発する、特許取得済みAIシステム
AI vs. 癌

がん治療により効果的で安全な薬を開発する、特許取得済みAIシステム

<新薬開発プロセスの効率化で、少しでも早く安全な癌の治療薬を届けようとしているバイオテクノロジー企業...

2019.10.16
        
「AI大国、中国脅威論」の5つの誤解 米戦略国際問題研究所のパネル討論会から
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

「AI大国、中国脅威論」の5つの誤解 米戦略国際問題研究所のパネル討論会から

<「中国のAI技術はアメリカを凌ぐところまで来たか」という問いに専門家は辟易している> エクサウィ...

2019.10.08
自在に表情を変え脱走もするロボット、ロシアで量産?
ロシア

自在に表情を変え脱走もするロボット、ロシアで量産?

<たびたびメディアを騒がせるロシアのプロモボット社が、誰にでも似せられるアンドロイドの量産を始めた>...

2019.10.07
        
アメリカの肉食系企業が株主第一主義を悔い改める訳
外交官の万華鏡

アメリカの肉食系企業が株主第一主義を悔い改める訳

<米国版経団連の社長たちが突然「改心」したのは、2020年大統領選で批判の的にされるのを防ぐため> ...

2019.09.12
自動運転車の大敵は「虫」だった
自動運転

自動運転車の大敵は「虫」だった

<自動運転のカメラやセンサーを正常に稼働させるためには、「虫」への対策が必要だった......> ...

2019.09.10
規制改革の大本命「スーパーシティ構想」で、日本の遅れを取り戻せ
日本社会

規制改革の大本命「スーパーシティ構想」で、日本の遅れを取り戻せ

<キャッシュレス決済、自動運転、ドローン開発、遠隔医療などの最先端技術を一カ所で実現するスーパーシテ...

2019.09.06
        
高野山で初のAIセミナー=人工知能は空海の知を蘇らせることができるか
湯川鶴章のテクノロジーフィクション 湯川鶴章

高野山で初のAIセミナー=人工知能は空海の知を蘇らせることができるか

<歴史的、文化的価値が計り知れないとして翻訳が進められている高野山文書。人間の力だけで読み解くには果...

2019.08.28
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら