松岡由希子

1973年生まれ。米国MBA(経営学修士号)取得。起業支援や経営戦略の立案など、経営のプロフェッショナルとして約10年にわたる実務経験を積んだのち、2008年、ジャーナリストに転身。欧米、アジアでの現地取材のもと、持続可能な社会づくりに向けた技術イノベーションや次世代ビジネスの動向を、グローバルな視点から追う。

宇宙

土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発見される

2019.04.23
恒星間天体

5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

2019.04.22

死後4時間、死んだブタの脳の機能の一部を回復させることに成功した

2019.04.19
アメリカ社会

米国、自殺未遂でERを受診した子どもの数が倍増している

2019.04.18
遺伝子

中国「ヒトの遺伝子をサルの脳に移植、認知機能を改善させた」に批判が集まる

2019.04.16
ヘルス

台湾で女性のまぶたから生きたハチ4匹が摘出される

2019.04.12
宇宙

国際宇宙ステーションは細菌にあふれていた

2019.04.10
進化

四本足のクジラの祖先が南米ペルーで初めて見つかる

2019.04.08
宇宙ゴミ

インドの対衛星ミサイル実験で、大量の宇宙ゴミが発生

2019.04.05
宇宙

半数以上の宇宙飛行士から再活発化したヘルペスウイルスを検出

2019.03.25
人体

ヒトにも「地磁気を感じる能力」が備わっている可能性示す研究結果が出た

2019.03.20
太陽

過去70年に観測された10倍規模の太陽嵐が、2600年前に発生していた

2019.03.15
巨大IT規制

「GAFA解体」を主張する米上院議員の政治広告をフェイスブックが削除

2019.03.13
再生

「頭の再生能力を最近進化させたヒモムシが存在する」

2019.03.11
超音速

これが超音速機からの衝撃波をとらえた画像だ

2019.03.08
緑地

中国とインドが地球の緑地増加に寄与していた

2019.03.07
予防接種

保護者の意思に反して自らワクチン接種したアメリカの高校生が公聴会出席

2019.03.06
大麻

大麻草の栽培によらず、酵母での大麻化合物の生成に成功

2019.03.04
神経細胞

「脳組織は切断されても情報伝達できる」:ニューロンの新しい情報伝達方法発見

2019.02.28
中国

「遺伝子編集した双子の誕生に中国政府が援助していた」との報道

2019.02.27

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    ホンダ英国工場撤退で大騒ぎの不思議

  • 2

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である理由【世界が尊敬する日本人】

  • 3

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 4

    93歳の英女王、免許自主返納の殿下に続き「運転やめ…

  • 5

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 6

    文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

  • 7

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 8

    「人間の肥料化」が合法化されそう、何それ?

  • 9

    【動画】ショートプログラム歴代最低の3点!──羽生結…

  • 10

    避妊薬の服用法にバチカンへの「忖度」があった!?

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年2月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月