最新記事

健康

菜食中心の食事が男性の大腸がんリスクの軽減につながる可能性

2023年1月25日(水)17時33分
松岡由希子

菜食中心の男性は、大腸がんリスクが22%低かった...... krblokhin-iStock

<菜食を中心とする食事は、男性の大腸がんリスクを軽減できる可能性があることがわかった......>

大腸がんは世界で3番目に多いがんであり、生涯のうちに大腸がんを発症するリスクは男性で23人に1人、女性で25人に1人といわれている。野菜、果物、全粒穀物、豆類、ナッツなど、菜食を中心とする食事は、男性の大腸がんリスクを軽減できる可能性があることがわかった。その研究成果は、2022年11月29日付の電子版医学誌「BMCメディシン」で発表されている。

菜食中心の男性は、大腸がんリスクが22%低かった

韓国・慶熙大学校、米ハワイ大学がんセンターらの研究チームは、1993年から1996年に「多民族コホート研究」に登録されたハワイ州およびカリフォルニア州の居住者を対象に、菜食を中心とする食事と大腸がんリスクとの関連性を調べた。対象者は男性7万9952人、女性9万3475人であった。

分析の結果、1日あたりの植物性食品の摂取量が多い男性は、植物性食品の摂取量が少ない男性と比べて、大腸がんリスクが22%低かった。その因果関係については明らかでないが、研究論文の筆頭著者で慶熙大学校のキム・ジヘ博士は「野菜や果物、全粒穀物などの植物性食品に含まれる抗酸化物質が、がんにつながる慢性炎症を抑制することで、大腸がんリスクの低下に寄与しているのではないか」と推測している。

また、この分析によると、女性では菜食中心の食事と大腸がんリスクに有意な関連性が認められなかった。キム博士は「男性は女性よりも大腸がんリスクが高い傾向にあるので、男性では菜食中心の食事が大腸がんリスクの低減と関連するが、女性では関連しないのではないか」と考察する。

女性ではこの関連性は見つからなかった

同様の研究結果は英国でも示されている。英オックスフォード大学の研究チームが「バイオバンク」に登録されている英国人47万2377人のデータを分析した2022年2月24日付の研究論文によると、肉の摂取量が少ない男性は大腸がんリスクが9%低かったが、女性ではこのような関連性は見つからなかった。

今回の研究結果は、健康的な菜食中心の食事が大腸がんリスクの低減と関連することを示すものだ。研究チームは、今後の研究課題として「人種や民族間で植物性食品の摂取と大腸がんリスクの関連性に影響をもたらす遺伝・環境因子を調べる必要がある」と指摘している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

インド製目薬、米FDAが使用中止勧告 薬剤耐性菌で

ワールド

チリで大規模森林火災、少なくとも24人が死亡

ワールド

政府方針と相いれず、任命責任感じる=荒井前秘書官発

ビジネス

カーライル、新CEOに元ゴールドマン幹部シュワルツ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:日本のヤバい未来 2050

2023年2月 7日号(1/31発売)

ジャーナリズム・アカデミズム・SFで読み解く人口減少ニッポンの実像(カバーイラスト:東京幻想)

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 2

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 3

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた牧師は彼女をどうしたか

  • 4

    「最も売れた女性カントリー歌手」が、初のヌードに…

  • 5

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 6

    カンガルーに影響されすぎたヤギに「歩き方がおかし…

  • 7

    トップレスの女性が教会に現れ、大暴れ...キリスト像…

  • 8

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て…

  • 9

    写真家にも愛された、ダイアナ妃のドレスがオークシ…

  • 10

    「すごくダサい」「神」 極小ビキニで雑誌の表紙を飾…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と戻って来ない「緑のZTF彗星」の正体

  • 4

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 5

    緑のZTF彗星がまもなく地球に最接近(2月2日)どうや…

  • 6

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人…

  • 7

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ロシア軍のあまりの無能さは「驚き」であり「謎」...…

  • 10

    「プーチンは戦争から手を引いた」──元ロシア軍情報…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を披露して新年を祝う

  • 4

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシ…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    「そんなに透けてていいの?」「裸同然?」、シース…

  • 10

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2023年2月
  • 2023年1月
  • 2022年12月
  • 2022年11月
  • 2022年10月
  • 2022年9月