注目のキーワード

医療

ニューズウィーク日本版『医療』に関する記事一覧

がん診断に欠かせない病理医とは? 病理学を知るとどんなメリットが?
対談

がん診断に欠かせない病理医とは? 病理学を知るとどんなメリットが?

<分かりやすい病理学の本がベストセラーになった仲野徹氏と、「病理学とがん」の分かりやすい本を出版した...

2019.09.06
インド製ジェネリック薬品の恐るべき実態
医薬品

インド製ジェネリック薬品の恐るべき実態

<消費者にはありがたいはずの安価なジェネリックだが外国企業の不正とFDAの方針で安全性は疑問だらけ>...

2019.09.05
健康マネジメントは「部下の育成」「子育て」「愛車メンテナンス」と同じ
健康

健康マネジメントは「部下の育成」「子育て」「愛車メンテナンス」と同じ

<健康なまま死に至るのは20人に1人。だが健康管理がいかに大事かということは頭では理解されても、実際...

2019.09.04
中国の研究チームが歯のエナメル質を修復することに世界で初めて成功
サイエンス

中国の研究チームが歯のエナメル質を修復することに世界で初めて成功

<中国の浙江大学の研究チームによって、歯のエナメル質を修復できるジェル状の素材が世界で初めて開発され...

2019.09.04
「7つの習慣」の中で「健康なまま年を取る」に役立つのはこれ
健康

「7つの習慣」の中で「健康なまま年を取る」に役立つのはこれ

<健康なまま年を取るためには早めの健康マネジメントが不可欠。とはいえ、差し迫った問題として捉えにくい...

2019.09.03
「人生100年なのに医療は人生70年設定のまま」が引き起こす問題
健康

「人生100年なのに医療は人生70年設定のまま」が引き起こす問題

<医療の発展によって長寿化が進む今日。しかし、「健康なまま死に至るのは20人に1人」と言われており、...

2019.09.02
早食い、大食い競争はなぜ危険なのか──食べ物を詰まらせるだけでなく長期的には癌のリスクも
ヘルス

早食い、大食い競争はなぜ危険なのか──食べ物を詰まらせるだけでなく長期的には癌のリスクも

<アメリカでは毎年各地で早食い、大食いのコンテストが開催されるが、参加者の死亡事故が後を絶たない> ...

2019.08.30
        
「世界陸上断念の女子陸上セメンヤ選手はただの女性、レイプのような検査をやめて出場させてほしい」
失われるイギリス、新しいイギリス 小林恭子

「世界陸上断念の女子陸上セメンヤ選手はただの女性、レイプのような検査をやめて出場させてほしい」

<「レイプのような検査をされた上、選手生命を絶たれれば自殺するしかない」──セメンヤを「生物学的に男...

2019.08.29
        
脳細胞の「若返り」に成功 多発性硬化症の治療法開発に期待
for WOMAN

脳細胞の「若返り」に成功 多発性硬化症の治療法開発に期待

<細胞の勘違いを利用する手法で難病治療も可能に?> マウス脳内の細胞を「若返らせる」ことに成功し...

2019.08.28
女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れだった
胎児内胎児

女性のお腹で次第に成長するしこりは、双子の片割れだった

<お腹から出てきたのは「毛の生えたチーズのような塊」で、歯や骨もあった> インドに住む17歳の女性...

2019.08.28
英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら