最新記事

AI

「まさにホラー!」AIアートジェネレーターが次々と不気味な顔を作り出した

2022年12月27日(火)19時45分
松岡由希子

「目を背ける......」AIがホラー画像を次々作り出した...... photoschmidt-iStock

<スウェーデンのアーティストが、AIアートジェネレーターを用いて創作活動をしていたところ、グロテスクな恐ろしい画像が次々とあらゆる画像にとりつき生成された......>

ユーザーが入力したテキストをもとに人工知能(AI)が画像を自動で生成するAIアートジェネレーターは、アートとテクノロジーを融合させた新たな前衛美術の創作に活用され始めている。

スウェーデン出身のスーパーコンポジット氏もAIアートジェネレーターを用いて創作活動を行うアーティストの一人だ。彼女は2022年4月、機械学習アルゴリズムに対して命令と反対のものを見つけるよう指示する「ネガティブプロンプト」を試していたところ、虚ろな視線で険しい表情をした赤ら顔の不気味な中年女性に遭遇した。「ローブ」と名付けられたこの女性は、AIアートジェネレーターが十分に学習しているであろう有名人よりも簡単に再現されたという。

さらにAIアートジェネレーターに「ローブ」と他の画像を与えて「交配」させると、グロテスクな恐ろしい画像が次々と生成された。「ローブ」はあらゆる画像にとりつき、多種多様なジャンルや文脈を認識して置き換えられる。

>>■■閲覧注意【【画像】AIが作り出した恐怖の画像「ローブ」

拡大を恐れて使用したAIアートジェネレーターを公表せず

スーパーコンポジット氏は2022年9月、「ローブ」の画像をツイッターで投稿して一連の創作活動について明かし、SNS上で大いに反響を得た。なお、彼女は「自分が使ったAIアートジェネレーターを宣伝することで、これを用いてグロテスクなものを作るというトレンドを促したくない」との理由から、使用したAIアートジェネレーターを公表していない。

AIは人類の創作活動にどのような影響をもたらすのだろうか。英オックスフォードインターネット研究所(OII)のデジタル社会学者アン・プロイン研究員は「機械学習モデルは、何百もの芸術作品を学習した結果、想定外の方法で推定し、まったく認識していない要素に注目する可能性がある」としながらも、「これらのモデルは自律的ではなく、新たな芸術的ムーブメントを作り出すことはできない」との見解を示している。

執筆や作画にまつわる多くのサービスが不要となる

英サウサンプトン大学の博士課程に在籍するジョセフ・アーリー氏が指摘するように、専門家の多くは、AIが人類の創造性を完全に消し去るとは考えていない。その一方で、執筆や作画にまつわる多くのサービスが不要となり、ゴーストライターやイラストレーター、デザイナー、写真家の仕事が奪われるかもしれない時代に差し掛かりつつある。また、AIによって生成されたアートの急増に伴って、「アルゴリズムがアーティストの独特のスタイルを複製し、アーティストから奪い取ってしまうのではないか」との懸念も広がっている。

豪セントラルクイーンズランド大学(CQUniversity)で講師を務める写真家のブレンダン・マーフィー氏は、AIアバター生成アプリ「レンザ」がアーティストの創作活動に与える影響について論じた寄稿文で「『レンザ』のようなアプリがアートの創作方法をいかに揺るがそうとも、アーティストの個性が作品の重要なコンテキストであることに変わりはない」と主張している。

今、あなたにオススメ

関連ワード

ニュース速報

ワールド

イランがイスラエルに無人機とミサイル発射、革命防衛

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    ロシア軍が戦場に乗り捨てた軍用車の「異形」...後ろ…

  • 8

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 9

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 10

    マレーシアの砂浜で、巨大な「グロブスター」を発見.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中