舞田敏彦

教育社会学者。
1976年生まれ。東京学芸大学大学院博士課程修了。教育学博士。専攻は教育社会学、社会病理学、社会統計学。公式ブログは「データえっせい」、著書に『教育の使命と実態 データから見た教育社会学試論』(武蔵野大学出版会)、『教職教養らくらくマスター』(実務教育出版)、『速攻の教育時事』(実務教育出版)、『データで読む 教育の論点』(晶文社)など。

労働

人口激減時代を迎える日本で、上がらない労働効率

2019.04.24
日本社会

家庭料理に求めるレベルが高すぎて、夫の家事分担が進まない日本

2019.04.17
日本社会

この春の新社会人は、平成の乱気流を通り抜けてきた21世紀人

2019.04.10
働き方

パートタイム労働を差別する日本の特異性

2019.04.03
ヘルス

子どもを肥満にさせる「欠食・孤食」と家庭間格差

2019.03.27
教育

学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格差」

2019.03.20
日本社会

日本の子どもの自殺率が2010年以降、急上昇している

2019.03.13
日本社会

夏の熱中症より多い、屋内でも起こる冬の「凍死」にご用心

2019.03.06
日本社会

年功賃金、男女格差......収入カーブから見える日本社会の歪み

2019.02.20
格差

貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「大学には行かれない」「子どもは欲しくない」

2019.02.13
教育

優秀な若者を教職に引き寄せてきた日本で、とうとう始まった「教員離れ」

2019.02.06
教育

中学受験は子どものため? それとも親のため?

2019.01.30
教育

育児の悩みや反抗期は「うちの子」だけの問題じゃない

2019.01.23
雇用

失業率とシンクロする自殺率の推移

2019.01.09
日本社会

年代別「悩みのタネ」から見えてくる、日本社会の大きな偏り

2018.12.19
SNS

ソーシャルメディアの友人関係に束縛される中高生

2018.12.05
男女格差

夫と対等以上に稼ぐ妻の割合、日本は世界最低レベル

2018.11.21
日本社会

加速する東京一極集中、就職世代の人口流入が止まらない

2018.11.07
働き方

正規・非正規の待遇格差をなくせば日本の働き方は変わる

2018.10.24
ヘルス

やせていても太っていると思い込む、日本の女性の危険な「やせ」願望

2018.10.10
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 5
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 6
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 7
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 8
    中国海軍、ロシアの手引きでNATOの海を堂々と正面突…
  • 9
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 10
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 9
    トランプが銃撃を語る電話音声が流出「バイデンは親…
  • 10
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 6
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 9
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
  • 10
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中