舞田敏彦

教育社会学者。
1976年生まれ。東京学芸大学大学院博士課程修了。教育学博士。専攻は教育社会学、社会病理学、社会統計学。公式ブログは「データえっせい」、著書に『教育の使命と実態 データから見た教育社会学試論』(武蔵野大学出版会)、『教職教養らくらくマスター』(実務教育出版)、『データで読む 教育の論点』(晶文社)など。

日本社会

日本の少子化の根本要因は「少母化」──既婚女性の子どもの数は実は減っていない

2020.01.15
教育

世界で唯一、日本の子どものパソコン使用率が低下している

2020.01.08
ロスジェネ世代

40代ロスジェネの年収は10年前のバブル世代より50万円も低い

2019.12.25
教育

欧米先進国では富裕層の高校生でもアルバイトに熱心な理由

2019.12.18
待遇格差

約半数が月収20万未満の超薄給......幼稚園教員・保育士の「生活が成り立たない」現実

2019.12.11
教育

中学以降も電卓を使わせない日本の遅れた数学教育

2019.12.05
日本経済

高齢世帯の貯蓄額を、平均値で見てはいけない理由

2019.11.27
日本社会

世帯格差が子どもの体力低下にも繋がっている

2019.11.20
教育

私立学校でいじめの実態は把握されているのか?

2019.11.13
日本社会

学力よりも性別で年収が決まる、日本は世界でも特殊な国

2019.11.06
日本社会

都心ではっきり見えてきた、経済力がなければ子を持てない格差の拡大

2019.10.30
災害

災害での死者数は、なぜ女性の方が多いのか

2019.10.23
教育

日本の中学生の大学院志望率は、たったの3%

2019.10.10
日本社会

保育無償化では進まない保育士の待遇改善

2019.10.02
教育

10代の出産がもたらす、離婚と貧困のスパイラル

2019.09.25
日本社会

社会状況が悪くなっていると思い込む「ネガティブ本能」が危険な理由

2019.09.18
キャリア

社会人になってからの「学び直し」でさらに広がる教育格差

2019.09.11
日本社会

未婚シングルマザーへの支援が少子化対策の鍵になる

2019.09.04
働き方

フリーランスの収入で「普通」の生活ができる人はどれだけいるのか

2019.08.28
日本社会

都市部で広がる子どもたちの「勉強時間格差」

2019.08.21

MAGAZINE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

人気ランキング

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 3

    TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは? 韓国に広がる男女間ヘイトの炎

  • 4

    世界の富裕層上位2100人が最貧困層46億人より多くの…

  • 5

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 6

    ヘンリー王子「王室引退」への不満と同情と

  • 7

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 8

    ヘンリー王子夫妻「王室離脱」でエリザベス女王にい…

  • 9

    バグダディを追い詰めた IS被害女性ケーラ・ミュラー…

  • 10

    ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

  • 4

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

  • 5

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 6

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 9

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

  • 2

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 3

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 4

    韓国の自動車が危ない?

  • 5

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 6

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 7

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年10月
  • 2019年9月
  • 2019年8月