高英起

デイリーNKジャパン編集長/ジャーナリスト
北朝鮮情報専門サイト「デイリーNKジャパン」編集長。関西大学経済学部卒業。98年から99年まで中国吉林省延辺大学に留学し、北朝鮮難民「脱北者」の現状や、北朝鮮内部情報を発信するが、北朝鮮当局の逆鱗に触れ、二度の指名手配を受ける。雑誌、週刊誌への執筆、テレビやラジオのコメンテーターも務める。主な著作に『コチェビよ、脱北の河を渡れ―中朝国境滞在記―』(新潮社)、『金正恩 核を持つお坊ちゃまくん、その素顔』(宝島社)、『北朝鮮ポップスの世界』(共著、花伝社)など。近著に『脱北者が明かす北朝鮮』(宝島社)。

北朝鮮

コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出した北朝鮮

2021.01.19
朝鮮半島

窮地の文在寅に金正恩から「反日同盟」の危険な誘惑

2021.01.15
北朝鮮

「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金与正......その降格の背景

2021.01.12
北朝鮮

北朝鮮軍「内なる敵」との戦いで敗北寸前の窮地

2021.01.05
北朝鮮

北朝鮮国民が命がけで買い求める年末の「お供え物」

2020.12.28
北朝鮮

『愛の不時着』見たら公開裁判、処刑も......北朝鮮「韓流新法」の中身

2020.12.24
韓国

「性能が貧弱すぎる」韓国の戦闘機計画からインドネシアが離脱か

2020.12.11
北朝鮮

「北朝鮮情報をくれた人には5億円」とアメリカが本気で宣伝し始めた理由

2020.12.08
北朝鮮

「残忍さに震える」金正恩式「もみじ狩り処刑」に庶民が驚愕

2020.12.02
韓国

「実は誰も会った人がいない」韓国政界で囁かれる文在寅の怖い話

2020.11.27
北朝鮮

3家族が全滅、孤児院も......北朝鮮「封鎖都市」で餓死続出

2020.11.24
朝鮮半島

オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たったひとつの希望」

2020.11.20
北朝鮮

違反したら命を奪う......金正恩式「禁煙法」の凄まじい本末転倒

2020.11.17
米朝関係

チーム・バイデンは金正恩の「最大の弱み」を知っている

2020.11.13
米朝関係

「執権欲に狂った老いぼれ」バイデンを罵倒した金正恩の焦り

2020.11.10
北朝鮮

死亡説の金正恩「復活ショー」の知られざる舞台裏

2020.11.06
朝鮮半島

「もはや自滅を待つのみ」金正恩が危険視する文在寅政権の今後

2020.11.04
韓国

「なぜ欲しいのかワケがわからない」文在寅の原潜計画にアメリカから疑念

2020.10.30
北朝鮮

「菅首相誕生を祝う文在寅は売国奴」北朝鮮の非難に秘められた目的

2020.10.27
北朝鮮

金正恩「女子大生クラブ」メンバー50人が強制労働送りに

2020.10.23

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2021年1月
  • 2020年12月
  • 2020年11月
  • 2020年10月
  • 2020年9月
  • 2020年8月