コラム

朝日新聞記事で考えた、五輪風刺イラストの「ストライサンド効果」

2020年08月05日(水)16時45分
トニー・ラズロ
朝日新聞記事で考えた、五輪風刺イラストの「ストライサンド効果」

筆者提供

<今春、日本外国特派員協会の会報誌が東京五輪エンブレムとコロナのイメージを合体させた表紙で発行され、騒動になった。だが、日本の大会組織委員会が伏せたいはずのあのイラストは結局、世界に拡散される羽目に。なぜそうなったのか>

かつて「could have been(だったかもしれない)と言うな」と言った詩人がいたが、2020年7月24日は東京五輪開会式が予定されていた日。朝日新聞もそれを意識してか、7月14日付朝刊に「五輪エンブレム著作権騒動」の関連インタビューを掲載した。

大会組織委員会を怒らせたあのイラストが紙面に添えられているのを見て、僕は一瞬目を丸くした。そして、「ストライサンド効果」について考えた。米芸能界の大物バーブラ・ストライサンドの邸宅の写真がネットに載せられ、公開を差し止めようと訴訟を起こすとかえって拡散したという、約20年前の事件に由来するこの現象が、いま日本で浮上しているのか。

発端は今春。日本外国特派員協会(FCCJ)の会報誌4月号がほぼ出来上がって、もう少しで印刷しようとするその時、東京五輪の「コロナ延期」が決定したニュースを耳にしたアートデザイナーのアンドルー・ポセケリが新しい表紙案を提案した。東京五輪のエンブレムと新型コロナウイルスのイメージを合体させたものだ。延期というビッグニュースを表すのにぴったりと思ったグレゴリー・スター編集長は、その新しい表紙に差し替えて発行に踏み切った。

FCCJの会員は約2000人で、会報誌の読者はほとんどその会員のみだ。それでも、エンブレムをいじったものがこの小さな雑誌の表紙に載ったのを知った大会組織委員会は、発行の約1カ月半後にFCCJに抗議した。FCCJは理事会協議の上、すぐさま記者会見で「不快な思いをされた各方面の方々に心よりおわび申し上げる」と謝罪、著作権侵害の可能性があるとして問題の表紙を取り下げた。

しかし、FCCJ内ではこの決断に対して激しく反対する会員が目立っている。ただの風刺だと反発し、問題のイラストを掲げて記者会見に参加した人もいた。

僕はもしも自分が会報誌の編集長だったらどうしていたかと考える。あのイラストをあのタイミングで渡されたら、表紙にする方向に気持ちが傾くかもしれない。ただ、その4月号には五輪延期の記事が一切載っていなかったことも事実。表紙と中身が一致しないのは気になる。また、FCCJの社会的立場を意識しなくてはならない。一般的な情報誌ではないので、「これだ!」というクリエーティブな本能をひとまず抑え、この挑発的なデザインを採用すべきでないと考えるだろう。たぶん、自分なら最終的に表紙を差し替えなかった。たぶん。

【関連記事】「日本にも政治風刺はある、強かったのは太平洋戦争のとき」早坂隆×パックン

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)

ニュース速報

ワールド

同盟強化やコロナ対策の連携で一致、菅首相が米大統領

ワールド

トランプ氏、TikTokのオラクル提携案を支持 提

ワールド

アングル:伊の黒人デザイナー、ファッション業界の人

ワールド

米最高裁リベラル派ギンズバーグ判事死去、大統領選控

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 3

    安倍晋三は「顔の見えない日本」の地位を引き上げた

  • 4

    日本は世界に誇るべき「社会主義国」です

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    「年収1000万超え」カリスマタクシー運転手の仕事術 …

  • 7

    ベトナム、日本には強硬だが、中国には黙る韓国政府…

  • 8

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 9

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 10

    安倍晋三の真価とは......日本は「あまり愛されなか…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 3

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

  • 4

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 5

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 6

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 7

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 10

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 6

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 7

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 8

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!