コラム

Tokyo Eye 外国人リレーコラム
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」はご都合主義だ

<根拠もなく「ハーフの女性は美人」「ハーフはバイリンガル」......。さらには、日本人扱いする場合と、日本人ではないかのように距離を置く場

2021.04.09 
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

入管スリランカ女性死亡 韓国やインドなど各国にある人権保護機関がなぜ日本にない?

<日本のような先進国で、なぜこんな事件が起きるのか。国連からも設置を求められる人権機関の存在は、再発防止に役立つはずだ> 今年の1月にビザ更

2021.04.06
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

レジリエンス(回復する力)とは違う、「我慢」する日本人

<被災の苦難を我慢して頑張り過ぎる日本の国民性を政府が利用していることに、強い怒りを感じる> フランスのマクロン大統領が3月11日、東日本大

2021.03.31
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」が高すぎる

<仕事の後も休日も1人で過ごす日本人が多いことに驚く> 2月19日、内閣官房に「孤独・孤立対策担当室」が設置された。だが日本ではあまり大きな

2021.03.24
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

日本の小学生にもプチ・インターンシップを!

<ドイツには小学生が参加する一日インターンシップがあり、職業を体験する貴重な機会となっている> ひな祭りが過ぎ、こどもの日が近づくのを機に、

2021.03.20
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

自転車を分解して鉄道で運ぶ......知られざる日本文化「Rinko」

<海外では目新しかった日本の「輪行」は、なんとそのまま外来語として定着した> 外国語に翻訳するのに苦労する日本語は、いろいろある。多いと言え

2021.03.13
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

「女子東大生」が少ない本当の理由は何か?

<韓国でもソウル大学の女子学生は長らく2割以下だったが、2000年代の入試制度の変更で4割に増えた> 寝る前のリラックスした時間帯に、アメリ

2021.03.11
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

東京五輪は「どんな感染状況でもやる」のか?

<現状を無視する姿勢は危険だけでなく、非民主主義的なやり方でもある> 私は2月2日に、自民党の本部で「スポーツ立国調査会・2020年オリンピ

2021.02.24
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

政治への不満はネットにあふれても、選挙では投票しない日本の謎

<政権批判、政治批判はこの十数年ずっと盛り上がっているのに、選挙では与党がほぼずっと勝ち続けている> ここ数週間、世間が騒がしい。新型コロナ

2021.02.22
Tokyo Eye 外国人リレーコラム

「女性蔑視発言」に揺れる日本、真の(非中国的)男女平等を目指せ

<中国は女性の社会進出では日本よりずっと進んでおり、30数年前、その中国から来た私の目に日本は「完全な男社会」に映った。森さんが五輪組織委会

2021.02.20

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス…

  • 7

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 8

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 9

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 9

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 10

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中