コラム

ウクライナ戦争:接続性が紛争を招く理由

2022年04月07日(木)10時48分

2022年2月24日、ドイツ・ベルリンで行われた連帯抗議デモで、ウクライナ国旗の色にライトアップされたブランデンブルク門。CC0 1.0

<私たちの文明を前進させ、人々をひとつにまとめてきた国際主義やグローバリゼーション、接続性が、どうして人々を分裂させ、暴力や不安を生み出すのか。その転換のメカニズムは何なのか?>

戦争と直結している世界

ロシアのウクライナ侵攻から1ヶ月が過ぎ、ヨーロッパでは第二次世界大戦以来、最大の人道的危機が生じている。すでに何千人もの命が失われ、近隣諸国に避難している人々の数は300万人に上る。ウクライナ国内でも同様の人数が避難生活を送っており、この残酷な戦争の結末を想像すれば、さらなる衝撃が待ち受けている。

世界各地の軍事情勢、政治がどうなるかは不透明だ。しかし、この戦争がエネルギーや食糧市場に与える経済的影響は、欧州だけでなく、その他の地域の多くの人々に波及することは確実である。

私たちは世界中の紛争から、紛争地域に隣接する、あるいは遠く離れた地域の生活も危険にさらされる可能性があることを学んでいる。このようなリスクは、高度に結びついた世界における「コネクティビティ(接続性)」をめぐる必然的な連鎖のために生じているのだ。

接続性の連鎖のリスクとは、エネルギー政策、食料安全保障、天然資源やレアメタル、サプライチェーン、金融システムへの影響、軍事防衛費の増大、そしてサイバーセキュリティの強化など、戦争の影響は世界規模で広がっている。天然ガス、石油、農産物、鉱物・金属の価格がどの程度まで上昇するかによって、世界の人々の生活への影響が決まるのだ。

グローバリズムと接続性

2017年、ダボスで開催された世界経済フォーラムで、オックスフォード大学のイアン・ゴールディン教授(グローバリゼーション論)は、新資本主義をめざす参加者を前に、資本主義の潤滑油である接続性について熱弁をふるった。「グローバリゼーションの持続可能性、接続性の持続可能性に向けて、人々を悩ませる難問への対処を確実にするための選択が必要なのです」と。

この講演から5年も経たないうちに、プーチン率いるロシアは、ウクライナへの全面的な侵攻に乗り出した。21世紀の世界では、グローバリゼーションの触手が地球上のあらゆる場所に伸びており、それによってシームレスな接続性だけでなく、相互依存の密接な連鎖が生み出されてきた。

不和の時代

欧州連合とは、かつての敵同士が、経済的、法的、そして最終的には、政治的な相互依存を通じて友好国となり得るという考えに基づいて築かれたものである。ウクライナ戦争は、外から見ると20世紀型の軍事介入のように見える。しかし、この紛争は鉄のカーテンの向こう側だけで展開されているのではない。戦闘機や戦車、ミサイルだけでなく、経済制裁、サプライチェーン、資金の流れ、人、情報、ミームやフェイクニュースなど、互いに結びついた膨大な数の「群衆」が関与しているのだ。

このハイパー接続性が、安定した平和を不可能にしている。2021年6月に出版された『不和の時代:接続性はいかにして紛争を引き起こすか(The Age of Unpeace:How Connectivity Causes Conflict)』という説得力のある本の中で、マーク・レナードが論じているように、またプーチンが最も執念深い方法で示したように、まさにこの「つながり」が国を引き裂く危険性をはらんでいるのだ。ある国の将来性が他国の動きや行動に釘付けになればなるほど、危険な「断絶」の可能性が高まるのである。

takemura20220407_3.jpg


『不和の時代:接続性はいかにして紛争を引き起こすか(The Age of Unpeace:How Connectivity Causes Conflict)』(2021年6月)


ロシアのウクライナ侵攻は、過去20年間をNATO加盟国で過ごした幸運な人々に、陸上戦と核危機が20世紀に置き去りにされたわけではないことを思い起こさせている。

マーク・レナードの格言

マーク・レナードは、欧州の外交政策、グローバル化した経済におけるオピニオンリーダーであり、地政学的なトレンドを総合して、『なぜヨーロッパが21世紀を動かすのか』(2005年)や『中国は何を考えているのか』(2008)といった世界的ベストセラーを著してきた。

takemura20220407_33.jpg


マーク・レナード。汎欧州初のシンクタンクである欧州外交問題評議会の共同設立者であり、ディレクターを務める。地政学・地球経済学、中国、EUの政治・制度などを専門分野とする。(C)ecfr.eu


欧州外交評議会(European Council on Foreign Relations)の共同設立者であり、同評議会は欧州大陸に7つの支部を持つ初の「汎欧州シンクタンク」となった。彼は、1990年代には党派を超えたコンサルタント会社デモスに勤務し、"Cool Britannia "の源流であり、新生英国のブランディングに寄与したBritain™レポートを作成したことでも知られている。

今日のグローバル化した世界の地政学は、パートナー同士が互いに我慢できないが、離婚することもできない、愛のない結婚と同じだとレナードは指摘する。そして、崩壊しつつある結婚と同様に、かつて良い時代に共有されたものが、悪い時代に害を与える手段になっているのだ。私たちは、世界をつなげば恒久的な平和が訪れると考えていた。しかし、それはかえって私たちを引き離すことになった。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

訂正ビットコイン、5日続伸で6万ドル台視野 ETF

ワールド

バイデン政権、中ロへの個人データ移転制限へ 大統領

ワールド

ロシア軍、アブデーフカ近郊のステポベ制圧 ウクライ

ビジネス

トヨタ、第2回労使協議で賃上げ要求に回答せず 次回
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    在日外国人と日本社会の共生努力を後退させる右派の差別扇動

  • 3

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で犯した5つの失策

  • 4

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 5

    「世界一の親イスラエル国」なのに、イスラエルがウ…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    侵攻2年の記念にふさわしい勇気、一人で10人のロシア…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    トランプ、「党団結」は程遠く 予備選連勝も本選に…

  • 10

    衛星写真:南シナ海のスカボロー礁に「浮遊障壁」、…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story