コラム

ディープフェイクの政治利用とその危険性:ビデオ会議のキーウ市長はデジタル合成だった

2022年07月20日(水)19時30分

ベルリン市長フランツィスカ・ギファイとキーウ市長ヴィタリ・クリチコの偽物とのビデオ会議 Foto: Senatskanzle

<ベルリン市長とのビデオ会議に現れたキーウ市長は、リアルタイムで動作するディープフェイクだった。事件の首謀者や政治的意図などが不明のまま、世界中に衝撃をもたらしている......>

ビデオ会議のデジタル・フェイク

デジタル合成された偽のキーウ市長と欧州主要都市市長とのビデオ会議をめぐる政治スリラーは、ますます狂気を帯びてきている。

ベルリンの統治者であるフランツィスカ・ギファイ市長は、2022年6月24日の午後、ウクライナの首都キーウの市長であるヴィタリ・クリチコの求めに応じ、彼とのビデオ会議を行った。クリチコは、元プロボクシング世界チャンピオンだったことでその顔は広く知られている。

しかし、ギファイ市長はこのビデオ通話がはじまってから15分もたたない段階で、クリチコ市長と本当につながっているのに違和感を覚えた。クリチコは、国外にいる避難民をウクライナに帰還させる協力をギファイに要請したとされるが、その会談は早々に打ち切られた。ビデオ会議のクリチコ市長は、偽物だと判断されたのである。

ベルリン市長ギファイとスペインの首都マドリッドの市長ホセルイス・マルティネス・アルメイダは、以前にクリチコに電話をかけていた。対話者の信憑性に疑問を呈した後、両者はビデオ通話を中断した。一方、偽のクリチコの標的にされたウィーン市長のミヒャエル・ルートヴィヒは、クリチコと思われる相手と話をしたが、その後何日も偽物に気づかなかった。ウィーンの市長は完全にクリチコの偽物の餌食となったのだ。

これらの事件を受け、ベルリン上院は、このビデオ会話にはデジタル操作があったとし、「クリチコを偽装したいわゆるディープフェイクのようだ」とコメントした。ウクライナ大使館は後に、ギファイや他の市長が本物のクリチコと話していなかったことを確認した。


この事件の直後、戦時中のキーウの市長が、リアルタイムで動作するディープフェイクだった可能性があることが、世界中に衝撃をもたらした。事件の首謀者や政治的意図などが不明のまま、クリチコのディープフェイクがヨーロッパの主要都市の現市長たちを騙した事実が一斉に報道された。

偽クリチコを操作したとされるロシアのコメディアン

事件からしばらくして、クリチコのフェイクを首謀した人物が浮上した。ロシアのコメディアン・デュオであるウラジーミル・クズネツォフとアレクセイ・ストヤロフの二人である。ここ数週間、二人は、キーウのクリチコ市長との偽のビデオ通話で、ヨーロッパ中の政治的有名人を公に晒したとされる。そこにはベルリンや他の都市のリーダー、そしてEUの内務委員も含まれていた。

ドイツ公共放送連盟(ARD)の政治雑誌『コントラステ(Kontraste)』のインタビューで、このコメディアン・デュオは現在、ロシアの動画プラットフォーム「ルーチューブ(Rutube)」(YouTubeのコピー)から資金を得ていることを認めている。「私たちはルーチューブのために働き、ルーチューブのアンバサダーでもある。だから、そこからお金を得ている」と、レクサスのニックネームで知られるアレクセイ・ストリヤロフはコントラステのインタビューに答えている。ルーチューブは、天然ガスの生産・供給において世界最大のロシアの国営企業ガスプロム・グループに属する子会社である。

いたずらやジョークの政治利用

ドイツの戦略対話研究所のアナリストであり、オンラインでの偽情報、陰謀論の専門家として知られるジュリア・スミルノヴァは、「彼らは無害な冗談を言う人だと思われているが、その内容は極めて政治的で、彼らの 「いたずら 」は完全にクレムリンの利益のために行われている」と指摘している。

ドイツ連邦情報局のゲルハルト・シンドラー前総裁は、コントラステのインタビューで、ウクライナ戦争では「巨大な情報戦」が繰り広げられていると説明した。しかし、この情報戦における最も鋭い武器は、「相手の権威を失墜させるためのユーモア、ジョーク、嘲笑だ」とシンドラー氏は言う。プーチンにとってジョークは、あらゆる独裁政権にとってそうであるように、現実の脅威なのだ。

2人のコメディアンの整然としたアプローチは、諜報活動の手順を思い起こさせるものだ。彼らの「ジョーク」がロシア政府の絡んだ諜報活動なのかは不明だが、もはやクリチコのフェイクを単にジョークとして片付けることはできないだろう。

クズネツォフとストリヤロフは、ロシアではボヴァンとレクサスとして知られており、ビデオ通話の背後にいることは確かのようだ。コントラステの分析では、偽クリチコが精度の高いディープフェイクであることには疑問が呈されている。

プロフィール

武邑光裕

メディア美学者、「武邑塾」塾長。Center for the Study of Digital Lifeフェロー。日本大学芸術学部、京都造形芸術大学、東京大学大学院、札幌市立大学で教授職を歴任。インターネットの黎明期から現代のソーシャルメディア、AIにいたるまで、デジタル社会環境を研究。2013年より武邑塾を主宰。著書『記憶のゆくたて―デジタル・アーカイヴの文化経済』(東京大学出版会)で、第19回電気通信普及財団テレコム社会科学賞を受賞。このほか『さよならインターネット GDPRはネットとデータをどう変えるのか』(ダイヤモンド社)、『ベルリン・都市・未来』(太田出版)などがある。新著は『プライバシー・パラドックス データ監視社会と「わたし」の再発明』(黒鳥社)。現在ベルリン在住。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 3

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 4

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 7

    「結婚に反対」だった?...カミラ夫人とエリザベス女…

  • 8

    『大吉原展』炎上とキャンセルカルチャー

  • 9

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 10

    「住む国も分散」したいアメリカ人が急増中 富裕層…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 8

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story