コラム

Rooting around for...(~を探し回る)

2015年09月16日(水)14時32分
Rooting around for...(~を探し回る)

【今週のTED Talk動画】 Embracing otherness, embracing myself - Thandie Newton http://www.ted.com/talks/thandie_newton_embracing_otherness...

人気女優が「自分」に悩んだ過去を告白

 タンディ・ニュートンは美しく、女優として成功している。しかし、彼女の成功への道は決して容易なものではなかった。このTED Talkでは、彼女が感情をオープンにして、世界の中で自分の位置を見つける難しさをフランクに語っている。

 彼女の父は白人、母は黒人なので、周りが白人ばかりであった学校では目立ってしまい疎外感を覚えていた。どこへ行っても気持ちは落ち着かず、過食症との闘いもあった。そんな彼女は、自分が夢中になることができた踊りや演技を通して、ようやく自分のぎこちなさを乗り越えられたのだ。このTED Talkでニュートン氏が聴衆にアピールするのは、「人種」という正当性のない概念を乗り越え、ほかの人ともっと関わり合いを持つことにより、皆で地球と一体になって生きてゆこうという夢である。

キーフレーズ解説

Rooting around for...
~を探し回る
(動画3:22より)

 rooting around for... は、何かを探し回るプロセスを示します。重なったものの中をくまなく探って、隠されたものを掘りだそうとする雰囲気を持っています。また、論理的ではなく、場当たり感の強いプロセスといえます。例としては、豚が木の根のまわりを掘ってトリュフを探している姿が連想されるでしょう。

 ニュートン氏は「自己」の定義を探していたプロセスを説明する時に、この表現を利用しています。自分がまわりの人と比べて違うと感じ、自分は誰なのか、自分はどこになじむことができるのか、を見つけるのが簡単ではなかったことを生き生きと示す表現です。これはちょっと詩的な使い方で、普通は物理的なものを探す時に使用します。

 ここで、典型的な使われ方の例を紹介します:

●He's always rooting around for something in his desk drawer.
(彼はいつも机の引き出しの中に何かを探し回っています)

●She spent hours rooting around in the attic trying to find her old prom dress.
(彼女は高校卒業記念パーティーに着て行ったドレスを探すのに、何時間も屋根裏部屋を探し回った)

プロフィール

ロッシェル・カップ

Rochelle Kopp 異文化コミュニケ−ション、グローバル人材育成、そして人事管理を専門とする経営コンサルタント。日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートするジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社の創立者兼社長。イェ−ル大学歴史学部卒業、シガゴ大学経営大学院修了(MBA)。『シリコンバレーの英語――スタートアップ天国のしくみ』(IBC出版)、『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』(クロスメディア・パブリッシング)、『反省しないアメリカ人をあつかう方法34』(アルク)など著書多数。最新刊は『日本企業がシリコンバレーのスピードを身につける方法』(共著、クロスメディア・パブリッシング)。

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

欧州、20年は深刻な景気後退に 来年の回復も限定的

ビジネス

ECB、新型コロナ対策の緊急債券購入策を拡充 金利

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(4

ワールド

香港立法会、国歌条例を可決 中国による統制懸念強ま

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 3

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

  • 7

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 10

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 5

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!