コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

崩壊都市の再生をかけたNY市長選、「ベーシックインカム」か「ガーディアン・エンジェルス」か

<コロナ禍によって都市機能が壊滅的な打撃を受けたニューヨーク、その再生をかけた市長選の候補者選びが動き出した> 新型コロナウイルスによる社会

2021.02.11
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ弾劾に立ちはだかる「上院3分の2以上が賛成」の壁

<退任後の大統領への弾劾裁判は「違憲」という決議に上院議員の45人が賛成票を投じている現状では、弾劾が可決する可能性は低い> トランプ前大統

2021.02.09
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アメリカ「国旗保護法」に見る、国旗を焼く行為と表現の自由の議論

<19世紀からの民主主義の伝統を持つ国として、日本には「言論と表現の自由」を維持する責任がある> 1月27日は国旗制定記念日だということで、

2021.02.04
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

パンデミック下のスーパーボウル、感染拡大は避けられない?

<アメリカ人にとっては真冬に大勢が集まって盛り上がる恒例行事、感染拡大の契機になると懸念されている> 来週日曜の2月7日には、アメリカ最大の

2021.02.02
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

実現遠のくトランプ弾劾、「トランプ票」を敵に回したくない共和党議員たち

<議会上院の弾劾裁判で共和党議員から17人の造反者が出る可能性は非常に低い> 1月6日に発生した連邦議会議事堂乱入事件を受けて、暴力行為を扇

2021.01.28
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本の首相の言葉はどうして心に響かないのか?

<「密室トーク」を重ねて首相に上り詰めた途端、国民との直接対話のコミュニケーションを求められる> 菅義偉首相の支持率が下がっていますが、コロ

2021.01.26
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

<仮にバイデン政権がトランプ時代の疑惑を「不問」にしようとすれば、民主党左派はそのような幕引きは許さない> バイデン大統領が就任しました。4

2021.01.21
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論が出ない理由

<トランプ派の暴動は首都ワシントンだけでなく、全米各州の「差し迫った」危機となっている> 先週6日に発生した、米連邦議会の議事堂に暴徒が乱入

2021.01.14
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペンスを吊るせ)」のチャント

<トランプの職務停止や弾劾を求める声が高まるなか、ペンス副大統領の判断が注目されている> 先週6日に発生したトランプ支持者による連邦議会議事

2021.01.12
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

前代未聞の議会乱入で現実となったアメリカの「権力の空白」

<支持者の暴挙を数時間にわたって放置したトランプには、大統領職務を停止するべきという批判まで出ている> 今週6日水曜、米大統領選挙の結果を最

2021.01.07

MAGAZINE

特集:ドキュメント 癌からの生還

2021年7月27日号(7/20発売)

東大病院から「逃亡」、転院先では手術回避、最後は自ら選んだ治療で生き延びた記者の「決断と選択」

人気ランキング

  • 1

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 2

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 3

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本人と韓国人

  • 4

    肩こりや腰痛に悩む人がハマる大きな失敗 「姿勢をよ…

  • 5

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 8

    コロナ対策で巨大イカ像を作り、20兆円は手付かず...…

  • 9

    ウガンダ選手の失踪は例外ではない──国際大会で「消…

  • 10

    大谷翔平がベーブ・ルースに肩を並べた部分と、すで…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 5

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 6

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 7

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 8

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 9

    ユーチューブが投げ銭機能「スーパーサンクス」導入 …

  • 10

    東大病院の癌治療から逃げ出した記者が元主治医に聞…

  • 1

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 2

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 3

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 4

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 5

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 6

    「寝はじめる姿勢」で目覚めが変わる 寝ても疲れが取…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

  • 10

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中