コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

新型コロナ対策、「日本式」の特徴と評価

<PCR検査の対象を絞り込む、社会全体のロックダウンはしない......日本のコロナ対策は特殊事情を反映した極めて特徴的なもの> 新型コロナ

2020.03.19
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

新型コロナ拡大に備える、アメリカ流「悲観論」の読み方

<危機に際して徹底した「悲観論」を掲げておいて、予想よりもプラスに推移しているという認識に持っていくのは、アメリカでは良くある手法> アメリ

2020.03.18
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

東北の人々にとって「語り」が意味するもの

<悲劇を寓話にすることで、人々は痛みを受け止め、乗り越えてきた> 東日本大震災から9年の歳月が流れました。今年は、新型コロナウイルスの感染拡

2020.03.12
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

新型コロナの感染対策で日本の後を追うアメリカ

<日本から一足遅れて感染拡大に直面したアメリカの対応は、これまでの日本の対応と重なる部分が多いが、リモートワークに関してはかなり先行している

2020.03.10
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

臨時休校という「政治的」決断の背景には何がある?

<安倍首相は「子どもの命と健康を守るため」と説明したが、真の目的が「これ以上、感染を広げないため」だとしたら、この「言い換え」は正しいのか>

2020.03.05
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

スーパーチューズデーで民主党は混戦から抜け出せるのか

<中道派が候補を一本化できるか、そして最終的な候補者選定に向けて左派と中道派の分裂を回避できるか、民主党予備選は3日にいよいよ前半のヤマ場を

2020.03.03
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本でテレワークを普及させるための3つの論点

<テレワーク推進は、新型コロナウイルスの感染予防にとどまらず、今後の企業の存続を左右する重要課題> テレワークの推進を安倍首相みずからが訴え

2020.02.27
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

専門家会議の見解では、家族をどうやって感染から守ればいいのか全く分からない

<軽症患者を自宅で看護するとき、家族・同居人はどうやって感染を防ぐのか、高齢者・基礎疾患患者をどう守ればいいのか、見解では触れていない> 2

2020.02.25
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

<心理面や関係性をコントロールすることで組織を動かそうという手法は世界中にあるが......> 横浜港に入港中のクルーズ船「ダイヤモンド・プ

2020.02.21
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

大富豪ブルームバーグが、民主党予備選を勝ち抜く可能性は?

<スーパー・チューズデー以降に民主党予備選に参戦する「奇策」に出たブルームバーグ、これに対して党内左派を中心に激しい批判が起こっている> 民

2020.02.18

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 6

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 7

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 8

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 9

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

  • 10

    「君たちのせいだよ」ベルリン地下鉄のマスク着用徹…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!