コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプのロシア疑惑、捜査「終結」の意味

<ムラー特別検察官によるロシア疑惑の捜査で、トランプ選対とロシアの共謀は認定されなかったが、トランプへの疑惑が完全に晴れたとは言い難い> 米

2019.03.26
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

完璧としか言いようがない、イチロー選手の引退劇

<「史上最高の野球選手」の引退を地元日本での公式戦勝利で飾らなければならない――マリナーズの選手たちもそのプレッシャーを感じていた> 今回の

2019.03.22
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

大阪ダブル選、自民と共産が共闘する理由は単純

<自民、公明と共産が共闘して既得権益を守ろうという大坂ダブル選、しかし一方の維新の側も都構想の先の経済活性化策は不十分> 大阪府知事選と大阪

2019.03.19
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

米不正入学事件が、このタイミングで摘発された理由

<名門大学の体育会をターゲットにして、スポーツ監督や統一テストの実施機関まで丸ごと買収していた前代未聞の悪質な事件> それにしても前代未聞の

2019.03.14
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

『万引き家族』のアメリカでの高評価をどう考える?

<米映画批評サイトから著名批評家までかなり高い評価を得ているが、あくまでもそれは外国の文芸作品に関心がある限定された客層> カンヌ映画祭のパ

2019.03.12
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

大混戦の民主党予備選、結局笑うのはトランプかも

<予備選に多数の候補者が出馬していることだけでなく、民主党は党全体で様々な問題をかかえている> 3月4日(月)、かねてより「民主党に鞍替え」

2019.03.07
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

スキャンダル芸能人やバイトテロに、無限の賠償責任はあるのか?

<一連の「バイトテロ」問題で、企業側が巨額の損害賠償を請求する動きがあるが、低賃金の労働者に法人が求められる損害賠償には限度が必要なのではな

2019.03.05
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ハノイ米朝会談をトップニュースから吹き飛ばした「コーエン証言」の衝撃

<「人種差別主義者で詐欺師」と言い放ったコーエン証言によって、トランプが窮地に陥り、米朝会談に悪影響が出るという懸念も出ていた> アメリカの

2019.02.28
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

大統領に仕えるのか、歴史に仕えるのか、2つの司法判断

<今月就任したばかりのバー司法長官は、スキャンダルの「もみ消し屋」を期待されているという説も一部にあるが、法律家として後世にどう評価されるか

2019.02.26
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

トランプ外交をトーンダウンさせる、アメリカ国内の3つの問題

<外交への世論の関心は低く、ロシア疑惑の追及は進展中、そして政権人事は穴だらけ――トランプが思い通りの外交を繰り広げられる環境ではなくなって

2019.02.21

MAGAZINE

特集:進撃のYahoo!

2019-12・17号(12/10発売)

メディアから記事を集めて配信する「巨人」プラットフォーマーとニュースの未来

人気ランキング

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」組の絶望

  • 3

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

  • 4

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 5

    ウイグル人権法案可決に激怒、「アメリカも先住民を…

  • 6

    『鬼滅の刃』のイスラム教「音声使用」が完全アウト…

  • 7

    人肉食の被害者になる寸前に脱出した少年、14年ぶり…

  • 8

    韓国保守派のホープを直撃した娘の不祥事

  • 9

    5G通信が気象衛星に干渉し、天気予報の精度を40年前…

  • 10

    サムスン電子で初の労組結成──韓国経済全体に影響す…

  • 1

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を流し込み...

  • 2

    「愚かな決定」「偏狭なミス」米専門家らが韓国批判の大合唱

  • 3

    「日本の空軍力に追いつけない」アメリカとの亀裂で韓国から悲鳴が

  • 4

    元「KARA」のク・ハラ死去でリベンジポルノ疑惑の元…

  • 5

    「韓国は腹立ちまぎれに自害した」アメリカから見たG…

  • 6

    GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

  • 7

    文在寅の経済政策失敗で格差拡大 韓国「泥スプーン」…

  • 8

    GSOMIA継続しても日韓早くも軋轢 韓国「日本謝罪」発…

  • 9

    殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

  • 10

    日米から孤立する文在寅に中国が突き付ける「脅迫状」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!