コラム

プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

MLB「球場ボイコット」の背景にある両党派双方の思惑

<マイノリティーの投票妨害を狙ったジョージア州の選挙法改正に、コカコーラなど同州に拠点を置く大企業などはさっそく抗議を表明したが> 昨年は開

2021.04.07
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

ヴァレンティノ炎上CMで、踏まれているのは「帯」なのか「布」なのか?

<日本文化へのオマージュだという前提情報がしっかり伝えられなかったことが問題> イタリアの高級デザイナーブランド「ヴァレンティノ」による、日

2021.04.01
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

スキャンダル続きのクオモNY州知事、政治的サバイバルはできるのか?

<一連のスキャンダル攻撃を仕掛けているのは共和党ではなく実は民主党内の左派> ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事といえば、2020年3

2021.03.30
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

グローバルな時代だからこそ、古文・漢文は大事

<ビジネスシーンで信頼関係を築くうえで古典の教養は大きな武器になる> 古文漢文を必修科目から外すべきという議論があります。グローバル化する現

2021.03.25
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

日本政府はアジア系へのヘイトの連鎖を断ち切る外交を

<同盟国だから遠慮するとか、バイデンは悪くないなどの理由で下手に出るのは得策ではない> アメリカではアジア系をターゲットにしたヘイトクライム

2021.03.23
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アトランタ銃撃事件が、アジア系へのヘイトクライムを誘発する?

<犯行動機は人種ヘイトでないとしても、この時期にアジア系女性が殺害される事件が起きたことで米社会には衝撃が走っている> 今週16日、ジョージ

2021.03.19
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

育児休業で住宅ローン審査が不利になるのは深刻な問題

<理解を示す銀行もあるようだが、少子化対策が急務である社会に逆行する動きとしか言いようがない> 銀行で住宅ローンを申し込む際に、育児休業を取

2021.03.16
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

3.11から10年、迷走する日本のエネルギー政策

<脱炭素への転換を迫られるなか、日本に残された選択肢は限られている> 2011年3月11日の東日本大震災から10年の歳月が流れました。震災と

2021.03.11
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

公判開始前から難航しているジョージ・フロイド氏殺害裁判

<BLMの世論に押されて「殺人」での起訴となった事件だが、ミネソタ州の上級審が初級審に「傷害致死」の審理の追加を勧告> 2020年5月25日

2021.03.09
プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦

アメリカの経験から学ぶ、ワクチン接種促進に必要な配慮

<開始以来、混乱が続いていたアメリカのワクチン接種は、3月に入って状況に改善の兆しが見られている> アメリカでは、新型コロナウイルスの予防ワ

2021.03.04

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 2

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代わりに飲み始めたものとは?

  • 3

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品のひどい言い分

  • 4

    死海沿岸を呑み込む7000個の陥没穴 縮む塩湖で地下…

  • 5

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 6

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 7

    東京五輪の「国際公約化」は日本政府の自作自演

  • 8

    ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

  • 9

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    中国の原発で放射線漏れの疑い チェルノブイリを彷…

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 10

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中