コラム

千葉県の「タレント知事」だけでなく、地域防災で知事に期待されるリーダーシップとは?

2019年11月07日(木)16時30分

制度としてはそうなっているのかもしれません。ですが、そのような「国に依存し、国に期待する」という姿勢では、いま本当に必要とされる地域密着の防災体制は実現しない、そんな時代だと思います。そこで求められるのは、首長の、とりわけ都道府県知事のリーダーシップです。

例えば、2018年の西日本豪雨で甚大な被害を出した愛媛県の中村時広知事は、特にダムの緊急放流時の連絡不徹底で多くの犠牲を出した肱川(ひじかわ)流域の問題について、国に対して非常に強い姿勢で要望を行っています。中村知事は、国に対する要望を行うにあたって、同様に多くの土砂災害が発生した広島県との連携もしていますし、例えば肱川の問題については、国と県の共同でのプロジェクトにより、防災対策をスタートさせています。

千葉県の森田知事も、ここへ来て「もう災害の少ない県ではない」という言い方で、あらためて危機感を表明するとともに、防災体制における人員の強化や、遅れが指摘されている土砂災害警戒区域の指定促進を進めるとして、自らリーダーシップを発揮し始めたようです。

広域避難で期待される都知事の統率力

今回の台風19号では、東京の東部(江東5区)において、江戸川と荒川の氾濫に備えた「250万人規模の広域避難」がギリギリまで検討されたという問題も起きました。この問題に関して、もしも次回、台風接近の際に本当に広域避難を決断しなくてはならない場合は、公的交通機関を巻き込むことから避難指示を48~72時間程度前倒しで行う可能性もあります。

その場合「まだ風雨の来ない中での大規模な事前計画避難」を実行しつつ「空振りの場合の批判には耐える覚悟も伴う」という厳しい判断になると思います。これは5区の区長のリーダーシップでは動かないので、どう考えても都知事の統率力と発信力に期待するしかないわけです。来年の都知事選では、そうした能力と見識も争点としたら良いのではないでしょうか。

東京都ということでは、仮に東京五輪の開催中に大規模な豪雨災害もしくは、台風の接近という場合には、競技よりも人命を優先した迅速かつ前倒しの判断が必要となります。この問題も知事選の争点として民意に問いかけておく必要を感じます。

プロフィール

冷泉彰彦

(れいぜい あきひこ)ニュージャージー州在住。作家・ジャーナリスト。プリンストン日本語学校高等部主任。1959年東京生まれ。東京大学文学部卒業。コロンビア大学大学院修士(日本語教授法)。福武書店(現ベネッセコーポレーション)勤務を経て93年に渡米。

最新刊『自動運転「戦場」ルポ ウーバー、グーグル、日本勢――クルマの近未来』(朝日新書)が7月13日に発売。近著に『アイビーリーグの入り方 アメリカ大学入試の知られざる実態と名門大学の合格基準』(CCCメディアハウス)など。メールマガジンJMM(村上龍編集長)で「FROM911、USAレポート」(www.jmm.co.jp/)を連載中。週刊メルマガ(有料)「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信中。

ニュース速報

ワールド

東京都の新規感染者110人以上、初の3桁=国内メデ

ワールド

南アジア、新型コロナ感染者6000人に迫る インド

ワールド

韓国、「社会的距離」強化を2週間延長 感染ペース5

ワールド

中国、新型コロナの死者追悼 「清明節」に黙とうと警

MAGAZINE

特集:コロナ危機後の世界経済

2020-4・ 7号(3/31発売)

感染拡大で経済先進国の序列と秩序はこう変わる── コロナ後の「ニュー・エコノミー」を識者が徹底解説

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 3

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 4

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    新型コロナに「脳が壊死」する合併症の可能性

  • 7

    「アビガン」は世界を救う新型コロナウイルス治療薬と…

  • 8

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 9

    新型コロナウイルス経済対策、現金給付は生活困窮者…

  • 10

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 1

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 5

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 6

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 7

    「緊急事態宣言、4月1日に出すという事実ない」 菅官…

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 10

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 6

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 7

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 8

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 9

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 10

    やっぱり日本は終わりだ

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!