コラム

大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

2018年12月04日(火)12時00分

社会人から、自分がお客さんをどう喜ばせているのか、自分の仕事が社会にどう役立っているのかなど、仕事のやり甲斐や面白さを聞いているのだ。もちろん、一人前になるまでの大変さや苦労話も耳にしているが、学生は仕事をポジティブに受け止めており、アルバイトとは違う、社会人としての仕事の醍醐味を感じていた。

参考までに言うと、会社の愚痴や仕事の大変さばかり話す社会人としか接点がない学生は、仕事や会社に対してネガティブな印象を持ち、内定をなかなかもらえずに苦労していた。

その一連のインタビューで、学生時代にどんな社会人と接点を持つかで、その後の人生が大きく変わるのだと確信した。

そして、もうひとつ印象に残っていることがある。それは、就職活動の参考にするために、取材班をアメリカに行かせた時のことだ。

アメリカで取材した高校には、今後どのような人生の選択をするかを学生が自ら決めるために、複数人の大人をインタビューに行くというカリキュラムがあった。

学生は自分が興味のある職業をリストアップし、その人たちの具体的な仕事内容、それに伴う日常の生活、大変なこと、やり甲斐、年収、今後の夢、覚悟や将来設計など、ありとあらゆるリアルな話を聞いてくるのだ。

その結果、大学に行ったほうがいいのか、専門学校で技術や知識を学んだほうがいいのか、それとも学校など行かず、一日も早く弟子入りしたほうがいいのか、自ら考え結論を出すのだ。

大学に入ったら、受け身の学びから脱却すべき

高校でこのような経験をして、自ら進学を望み大学に入学すれば、大学生時代の時間の使い方も充実したものになるであろう。日本の大学生の多くに見られる、入学するのが目的になり、入学後何をしていいのか分からずに何となく時を過ごすという学生生活とは違う時間の使い方だ。

日本の高校でもキャリア観を醸成するようなカリキュラムが取り組まれているが、もっともっと増えればよいと願っている。

本当に仕事に誇りを持ち、やり甲斐を語れる「本物」の社会人からたくさんの話を聞く機会を作ってあげてほしい。表面的なことやもっともらしいことを語る大人ではなく、自分の言葉で自信をもって、仕事を語れる本物の仕事人だ。

世の中への関心を高め、視野が広がれば、自分の個性が生きる仕事や職場を見つけやすくなる。

そのような経験をせず、大学生になったとしても決して遅くはない。しかし、少しでも早い段階から社会を知る機会を作るべきだ。

就職協定の中で、経団連が2017年に「1日」のインターンシップを事実上認めたこともあり、急速に「1dayインターンシップ」が広がっている。1dayインターンシップは、企業説明会と同じになる可能性があり、採用活動の早期化になることを恐れて、それまで認めてこなかったのだ。

プロフィール

松岡保昌

株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

ニュース速報

ワールド

焦点:アフリカで「静かな感染拡大」、深刻なコロナの

ワールド

焦点:膨張する中国企業の鉱物資源買収、豪加当局が「

ワールド

焦点:中国、コロナワクチン開発で先頭集団に 「戦時

ビジネス

トランプ氏、学校再開へ再び圧力 税制優遇措置など再

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 2

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後」の日産にXデーが迫る

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    24歳年上の富豪と結婚してメラニアが得たものと失っ…

  • 5

    金正恩の「拷問部隊」にイギリスが下した鉄槌

  • 6

    宇宙の真理にまた一歩近づく、画期的なX線宇宙マッ…

  • 7

    「自粛要請」で外出を控えた日本人は世界に冠たる不…

  • 8

    東京都、新型コロナウイルス新規感染206人 3日連続2…

  • 9

    「カザフスタンで新型コロナより深刻な肺炎が流行」と…

  • 10

    インドが中国製アプリ「TikTok」を禁止した本当の理由

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    生き残る自動車メーカーは4社だけ? 「ゴーン追放後…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

  • 9

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 10

    どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 8

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 9

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 10

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!