コラム

大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

2018年12月04日(火)12時00分
大卒内定率「過去最高77%」に潜むミスマッチ 見逃せない「53.1%」

d_morita-iStock.

<10月1日時点の大卒予定者の就職内定率は、77%で過去最高。だがその一方で、憂慮すべき調査結果も発表された。売り手市場で学生は真摯さを失い、企業は必死に自社を良く見せようとしている>

厚生労働省と文部科学省が共同で調査している平成31(2019)年3月大学等卒業予定者の、10月1日時点の就職内定状況が11月16日に発表になった。10月1日といえば、多くの企業で内定式が行われた日だ。

大学生の就職内定率は77.0%(前年同期比1.8ポイント上昇)となり、平成9(1997)年3月卒の調査開始以降、同時期で過去最高となった。23%の学生はまだ決まっていないとはいえ、多くの学生が10月1日に勇んで内定式に臨んだことだろう。

内定率77.0%という状況下で行われた内定式。その成否は来年4月以降に問われる。なぜなら、内定式がゴールではなく、社会人スタート後こそ大切だからだ。

あなたの会社の新入社員にもいる「隠れ就活生」

10月14日には、もうひとつ、面白い調査結果が発表された。新卒学生向け就職サイト「マイナビ」の運営等を行っている株式会社マイナビが、今年9月時点で「マイナビ2019」に登録している既卒者に対し、在学中の活動状況や、現状の行動や内定率などの活動実態を調査したのだ。

つまり、今年と同じように売り手市場だった昨年に就職活動をして、今春に大学を卒業したにもかかわらず、2019年卒向けの就職サイトを使っている人たちへの実態調査だ。

もちろん、就職先が決まらずに卒業した人もいるので、既卒者が登録していること自体は珍しいことではないが、何とそのうちの53.1%が、昨年度の就職活動で内定をもらっているのだ。

その在学中の内定獲得者に対して、在学中に内定を獲得していたにもかかわらず現在就職活動を行っている事情について聞くと、「一度就職したが、退職もしくは在職しながら再度就職活動を行っている」が54.1%と5割を超えている。特に、文系男子は59.5%と割合が高い。

内定をもらい、卒業して入社。しかし、すぐに次の会社を探す。何とも残念な話である。現職場が向いていないことが分かったので、それに価値があったといえなくもないが、もっと早く分かっていれば、もっと前向きな価値を生み出せたはずだ。

就職してすぐに就職活動をしている人たちの反省は、「自己分析が不十分だった(自分のやりたいことやできることがよく分からなかった)」(51.3%)がトップ、「業界研究・企業研究が不十分だった(行きたい業界・企業が見つけられなかった)」(40.7%)が続いている。「自己分析」や「業界研究」の不十分さがミスマッチに繋がったと考えているようだ。

就職活動の「自己分析」「業界研究」を抜本的に見直すべき

筆者がかつてリクルート社で就職ジャーナルの編集をしていた頃、本人の就職満足度が高く、企業も採用満足度が高い学生を大勢インタビューして、他の学生との違いを見つけ出そうとしたことがある。

違いのひとつは、学生生活の早い段階で社会人との接点があることだった。

プロフィール

松岡保昌

株式会社モチベーションジャパン代表取締役社長。
人の気持ちや心の動きを重視し、心理面からアプローチする経営コンサルタント。国家資格1級キャリアコンサルティング技能士の資格も持ち、キャリアコンサルタントの育成にも力を入れている。リクルート時代は、「就職ジャーナル」「works」の編集や組織人事コンサルタントとして活躍。ファーストリテイリングでは、執行役員人事総務部長として同社の急成長を人事戦略面から支え、その後、執行役員マーケティング&コミュニケーション部長として広報・宣伝のあり方を見直す。ソフトバンクでは、ブランド戦略室長、福岡ソフトバンクホークスマーケティング代表取締役、福岡ソフトバンクホークス取締役などを担当。AFPBB NEWS編集長としてニュースサイトの立ち上げも行う。現在は独立し、多くの企業の顧問やアドバイザーを務める。

ニュース速報

ビジネス

訂正-米FRB、社債買入制度通じた27日時点のET

ワールド

アングル:トランプ氏6人の側近、対中強硬へ足並み 

ワールド

米の香港優遇措置撤廃、「無謀で恣意的」と中国共産党

ビジネス

ルフトハンザ救済案、ドイツ政府と欧州委が暫定合意=

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

  • 3

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

  • 4

    ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

  • 8

    【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

  • 9

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 10

    ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

  • 1

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 2

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 3

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 4

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 7

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 8

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 9

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 10

    東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 7

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!