コラム

「暖房か食事か」インフレ下の極限の貧困は......本当の話?

2022年12月22日(木)10時55分
クリスマス前で賑わう街

困窮が伝えられるが街はクリスマス前で大賑わい(12月4日、ロンドン) Henry Nicholls-REUTERS

<エネルギー価格急騰の冬を迎えたイギリスで、生活に困窮する人々の話があふれているが、平均的なイギリス人の多くはそんな貧困話に半信半疑で無関心>

イギリスで今、頻繁に聞いたり見たりする言葉は「heat or eat(暖房を取るか、食べるのを取るか)」だ。時には最後にクエスチョンマークが付けられる──「どちらも賄うのは無理だから......どちらを優先する?」を意味するからだ。あるいは、クエスチョンマークが付かない場合もあり、こちらのほうが「現実」に近い感じになる──「まともに食べるか家を暖房するか、選ばなければならない」。

メディアには、暖房費を払うために人々が「食事を抜いている」ことに関して多くの記事があふれている。あるいは、家じゅうを暖房するお金はないから一日中羽毛布団を被っている、といった記事が。時には、生活が苦しくて「ペットフード」を食べている、というような記事もある。

この手の話題はここ数年、冬が来るたびに聞こえていたが、燃料費が激しく値上がりした今年は明らかに特別だ(わが家の電気代はキロワット時あたりで3年前の3倍になっている)。さらに食料品の値段も急激に上がり、特にこれまでとても安価だった日常的食品の値上がりが著しい。ほんのちょっとした例だが、キュウリ1本の値段は2~3年前の2倍だ。

だから、生活費が急激にかさんでそれが家計を圧迫していることは間違いない。それでも僕がはっきり指摘しておきたいのは、上記の話題全てが「とてもじゃないが信じられない」と感じているのは僕だけではない、ということだ(真実ではないと考えている、というのとはちょっと違う)。

僕は周りの友人や親戚に聞いて回ってみたが、あまりに貧しくて豆の缶詰とトーストの質素な食事にさえ手が出ず、少なくともリビング1部屋くらいしか暖房する余裕がない......といった人にはまるで思い当たらない、と彼らはみんな口をそろえた。決して思いやりがないわけではないが、「どうしたらそこまで貧しくなれるんだ?」と彼らは言う。困惑さえしているようだった。「ビクトリア朝時代じゃないんだからさ......」。彼らの反応を見る限り、他人の窮状に無頓着なのは僕だけではないらしいから、僕はひと安心した。

肌感覚としては感じられず

今はクリスマス直前で、あらゆる店がプレゼントを買う人々であふれている(ほとんどがリサイクルショップかごみ箱行きになりそうな、ぼったくり価格の安っぽい商品だけど)。クリスマスの装飾やライト、クリスマスツリーやアドベントカレンダー、クラッカーやクリスマスフード。今のところ、「今年数回着たら終わり」という感じの、皮肉なほどけばけばしいクリスマスセーターがかなり人気だ。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

日経平均は3日続落し3万8000円割れ、米利下げ観

ビジネス

英CPI、3月は前年比+3.2%に鈍化 予想は上回

ビジネス

ASML、第1四半期は13億ドルの黒字 新規受注予

ビジネス

中国BYD、高価格ブランド3車種発表 オフロード車
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人機やミサイルとイスラエルの「アイアンドーム」が乱れ飛んだ中東の夜間映像

  • 2

    大半がクリミアから撤退か...衛星写真が示す、ロシア黒海艦隊「主力不在」の実態

  • 3

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無能の専門家」の面々

  • 4

    韓国の春に思うこと、セウォル号事故から10年

  • 5

    人類史上最速の人口減少国・韓国...状況を好転させる…

  • 6

    アメリカ製ドローンはウクライナで役に立たなかった

  • 7

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 8

    中国もトルコもUAEも......米経済制裁の効果で世界が…

  • 9

    【画像・動画】ウクライナ人の叡智を詰め込んだ国産…

  • 10

    訪中のショルツ独首相が語った「中国車への注文」

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 5

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 6

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 7

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 7

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story