コラム

大幅遅れに予算オーバー、でも完成すれば大絶賛 「エリザベスライン」開通もイギリスお決まりの展開に

2022年06月02日(木)17時00分
パディントン駅を訪問するエリザベス女王

ロンドンの新路線「エリザベスライン」の開通は英女王の在位70年のプラチナ・ジュビリーには何とか間に合ったけれど…(5月17日、パディントン駅を訪問するエリザベス女王)  Andrew Matthews/Pool via REUTERS

<ロンドンの地下鉄「エリザベスライン」が華々しく開通し、イギリスは称揚ムード。予算は何十億ポンドもオーバーし、当初の予定から3年半も遅れているのが実態なのに、文句でも言うと「否定論者」のレッテルが貼られる>

イギリスで行われる大規模工事プロジェクトは、笑えるほどに予想どおりな展開になる。華々しく計画が発表され、スケジュールに遅れが発生し、予算をオーバーし、ついに完成した時には大成功だと称えられる。偉大な国に「ふさわしい」ものが出来上がった、と。

完成後もまだ遅延だのコスト増だのに文句を言っている人は、「否定論者」とあしらわれる。僕が特に気に入らないのは、政府や建設会社といった当事者たちが、大規模プロジェクトはいつだって予算を超えてしまい遅れてしまうものであり、そんなこと「誰でも分かっている」などと開き直ること。それなら最初から、希望的観測の最高のシナリオをさぞ実現可能であるかのように提示するのでなく、もっと現実的な予算やスケジュールを発表すべきだろう。

イギリスで日常的にニュースを見ている人にとっては、こんなことは知らされるまでもないこと。でも、日本の人々はこの手のパターンを冷笑するのにはあまり慣れていないのではないだろうか。昨年の東京オリンピックの経験がある程度の教訓になったかとは思うが。

イギリスのウェンブリー・スタジアムは典型的な例だ(旧スタジアムを取り壊してこの新スタジアムが完成するまでの2002~07年の間、サッカーイングランド代表チームにはホームスタジアムが存在しなかった)。ロンドンオリンピックの会場になった数々の施設は実際のところ期限内に完成したが、コストは当初の推定金額の3倍にまで膨れ上がった。

思い返してみれば、2000年にオープンしたミレニアム・ドーム展覧会は、数々の数十億ポンドレベルのプロジェクトに比べればまだ安上がりだった。でも、補助金なしに自力で採算をとるためには開催期間の1年中、毎日満員の来場者を入れる必要があったという点が笑えた。まるで、多くの人が夏の週末に押し寄せる代わりに、11月の凍える平日の朝でも人々が常に満員の来場者になるよう綿密に計画して訪れてくれるだろう、とでもいうかのようだ。

乗り換えなしの直通が売りだったはずが

そして今回、新たにロンドン地下鉄「エリザベスライン」が、予算を何十億ポンドもオーバーし、予定を3年半遅れて開通した――あるいは、「ある意味で開通」をした。「クロスレール」の名で知られるこのプロジェクトは、終着駅で乗り換えたり地下鉄に移動したりしなくてもロンドンを横断できる、という構想のはずだった。ちょうど上野東京ラインみたいなものだった――僕が久しぶりに東京を訪れた際、多くの路線と相互直通運転する上野東京ラインが「突然魔法のごとく現れた」ように見えたものだ(突然出現したわけではないことは十分承知しているが)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

原油先物が軟調、中国需要の減退懸念やガザ停戦協議巡

ビジネス

再送-中国人民銀、予想外のMLF資金供給 金利引き

ビジネス

米産金ニューモント、第2四半期は利益が予想上回る 

ワールド

米大統領選でハリス氏の勝機は十分=独首相
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 6
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 7
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 8
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 9
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 10
    バイデン撤退で始動した「ハリス大統領」へのカウン…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story