コラム

日本の酷暑にも負けていない、この夏のイギリスの熱波

2018年07月31日(火)15時30分
日本の酷暑にも負けていない、この夏のイギリスの熱波

この夏はヨーロッパにも熱波が到来(画像は英南部ブライトンビーチ、2015年6月) Darren Staples-REUTERS

<雨が多いイメージとは裏腹に、もう何週間も雨の降らない熱波が続くこの夏のイギリス。日本ほどの暑さではないが何しろ日照時間が長く、日差しが全てを焼き尽くす>

6月16日の父の日は雨になると言われていたのに降らなかった。実際、天気予報では激しい雷雨、となっていた。僕がそんなことを覚えているのは、いつになく僕が大雨を「望んで」いたからだ。あの時点で、夏はまだほんの始まったばかりだというのに、既に何週間も雨が降らない日が続いていた。

僕の家の庭には屋根から落ちた雨水を集めてためる桶がある。何日か雨が降らないときにはその水を庭の水やりに使うことにしているが、この桶が父の日の何日も前から空になってしまった。そして庭は既に干上がった状態だった。だから僕はあの日、一降りザッとやってきて庭をよみがえらせたうえ、次の雨まで乗り切れるだけの水がたまるのも期待していた。

あの日以来、思い返せばたった1度しか雨が降っていない(3週間前に20分くらい降ったことがあった)。イギリスの夏は日本のような暑さはないけれど、日照時間がとても長い。太陽は午前5時ごろに上り、午後9時ごろに沈む。雲一つない空を太陽がじりじりと横切り、庭の隅々まで焼き尽くす。

草は枯れる。地面はコンクリートのように硬くなる。高くしぶとく伸びた雑草が、しなびて枯れるのを見た。雑草ですら生き延びられないなんて! 特にイングランド北部では、森林火災も何件か発生している。水不足でホースの使用が禁止された地域もあり、この天気が続けば他の地域でも同様の措置が取られるだろう。

この夏は、ふろの水を庭の水やりに再利用するよう言われている。僕は洗濯後の水を使い続けているから、僕の庭は少し洗剤の匂いがする。

雨の少ない地域で人口急増

こういったことは、おそらく日本の人々が抱くイギリス(またはよく言われるとおり「雨の多いイギリス」)のイメージからはかけ離れたものだろう。でもこれは決して異常事態ではない。単に、一般的に言われているほどには雨が降らないという理由で、イギリスは数年に一度はこんな綱渡り状態になる。
 
1年のうちだいたい100日くらいは少し雨が降り、さらに100日かそこらは曇りの日があるから、人々(イギリスの人々を含む)は、イギリスは天気が悪いという「印象」を持つことになる。僕がアメリカにいるときアメリカ人から時折言われたのが、ロンドンに丸1週間いたのに「1回しか雨が降らなかったよ!」と、まるでめったにない幸運に恵まれたかのような言葉だった(その幸運に恵まれる確率は、夏に訪れたのなら50%以上なのだが)。

プロフィール

コリン・ジョイス

フリージャーナリスト。1970年、イギリス生まれ。92年に来日し、神戸と東京で暮らす。ニューズウィーク日本版記者、英デイリー・テレグラフ紙東京支局長を経て、フリーに。日本、ニューヨークでの滞在を経て2010年、16年ぶりに故郷イングランドに帰国。フリーランスのジャーナリストとしてイングランドのエセックスを拠点に活動する。ビールとサッカーをこよなく愛す。著書に『「ニッポン社会」入門――英国人記者の抱腹レポート』(NHK生活人新書)、『新「ニッポン社会」入門--英国人、日本で再び発見する』(三賢社)、『マインド・ザ・ギャップ! 日本とイギリスの〈すきま〉』(NHK出版新書)、『なぜオックスフォードが世界一の大学なのか』(三賢社)など。アドレスはjhbqd702@yahoo.co.jp

MAGAZINE

特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

2019-9・24号(9/18発売)

終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

人気ランキング

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 3

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築支援を要請

  • 4

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 5

    【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

  • 6

    米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

  • 7

    北朝鮮船がロシアの国境警備艇を攻撃、日本海で多発…

  • 8

    【韓国政治データ】文在寅大統領の支持率推移(2019…

  • 9

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 10

    ドイツはプライバシー保護を徹底 京アニ犠牲者の実…

  • 1

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

  • 2

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 3

    韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボイコットジャパン」が追い打ち

  • 4

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 5

    【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

  • 6

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 7

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを…

  • 8

    韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

  • 9

    サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

  • 10

    9.11救助犬の英雄たちを忘れない

  • 1

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 2

    嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

  • 3

    日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

  • 4

    ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 6

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 7

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 8

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 9

    「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

  • 10

    韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!