コラム

テクノロジーで農業の画一化に抗う 東大研究員西岡一洋

2016年01月13日(水)17時57分

自然に生き方がいろいろあるように、農業もいろいろであるべきだ Kazuhiro Nishioka

「自然の中には個性が溢れている!」。新潟県と長野県の県境にある苗場山の森林の中で地べたに寝転がって空を見上げた。樹々の樹冠の形が一つ一つ全部違うことに見惚れた。過酷な環境の中でも必死になって生き残ろうとする樹々。その結果が樹冠の形の違いになっている。いろいろな生き方がある。あっていいんだ。これが自然なんだ!

 画一化を進める人間社会とオーバーラップした。人間社会も農業も、画一化の方向に進んではだめだ。東京大学農学部研究員の西岡一洋氏は、大自然の中でそう感じたという。

 西岡氏の専門は、植物の水分コントロール。西岡氏は植物がどの程度水分を吸い上げているのかを正確に計測できる低コストの樹液流計測システムを開発した。このシステムを使うことで新規の就農者でも、高度な水やりの技術を短期間に習得できるのだという。

 自分らしいこだわりを持って農業に挑戦しようという若者にこそ、このシステムを使って農業と自然を学んでもらいたい。TPP(環太平洋経済連携協定)などを通じて社会が画一的な農作物の大量供給に向かおうとする今だからこそ、個性のある日本の農業を育てたい。西岡氏はテクノロジーで、画一化の動きに抗いたいのだと言う。

ワイン好きが高じて自ら農業の現場に

 私が西岡氏と出会ったのは、株式会社リバネスが主催する第2回アグリサイエンスグランプリの最終選考会だった。農業や生物学の分野で画期的なテクノロジーを開発した企業や研究者を表彰するイベントだが、西岡氏が開発したワイナリー向けの樹液流計測システムは高く評価され、オムロン賞とJT賞の2つの賞を受賞した。

 審査員から同システムの事業化の動機を聞かれ、西岡氏は「このシステムを売るために世界中のワイナリーを回りたい。世界のワインを飲んで回りたい」と茶目っ気いっぱいに語った。大きな仕事は、実はシンプルな動機がベースになることがよくある。興味を持った私は早速西岡氏に取材を申し込んでみた。

 西岡氏が無類のワイン好きであることは事実だった。西岡氏は2003年にMessapicus(メサピクス)のプリミティーヴォというワインに出会って衝撃をうけたという。決して高いワインではない。1本2500円くらいで購入できるワインだ。でも飲むだけで笑顔がこぼれる。小躍りしたくなる気分になる。「ここまで人をハッピーにできるワインがあるんだ」。これこそが生きた園芸学。これをやりたい!そう思ったという。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。趣味はヨガと瞑想。妻が美人なのが自慢。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

午後3時のドルは136円前半、24年ぶり高値圏で上

ビジネス

印リライアンス率いるアンバニ氏、息子を通信子会社の

ビジネス

今年の米新車販売予想、1440万台に下方修正 供給

ビジネス

スイスのノバルティス、事業統合で世界で8000人削

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴、キスする姿も

  • 2

    食料品がこんなに高い!?インフレが止まらないNYの実態

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 5

    「中の人」の視点で終わった『東京2020オリンピック …

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 8

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 4

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 5

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 6

    【モナコ王室】夫婦不仲説をシャルレーヌ公妃が一蹴…

  • 7

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中