コラム

テクノロジーで農業の画一化に抗う 東大研究員西岡一洋

2016年01月13日(水)17時57分
テクノロジーで農業の画一化に抗う 東大研究員西岡一洋

自然に生き方がいろいろあるように、農業もいろいろであるべきだ Kazuhiro Nishioka

「自然の中には個性が溢れている!」。新潟県と長野県の県境にある苗場山の森林の中で地べたに寝転がって空を見上げた。樹々の樹冠の形が一つ一つ全部違うことに見惚れた。過酷な環境の中でも必死になって生き残ろうとする樹々。その結果が樹冠の形の違いになっている。いろいろな生き方がある。あっていいんだ。これが自然なんだ!

 画一化を進める人間社会とオーバーラップした。人間社会も農業も、画一化の方向に進んではだめだ。東京大学農学部研究員の西岡一洋氏は、大自然の中でそう感じたという。

 西岡氏の専門は、植物の水分コントロール。西岡氏は植物がどの程度水分を吸い上げているのかを正確に計測できる低コストの樹液流計測システムを開発した。このシステムを使うことで新規の就農者でも、高度な水やりの技術を短期間に習得できるのだという。

 自分らしいこだわりを持って農業に挑戦しようという若者にこそ、このシステムを使って農業と自然を学んでもらいたい。TPP(環太平洋経済連携協定)などを通じて社会が画一的な農作物の大量供給に向かおうとする今だからこそ、個性のある日本の農業を育てたい。西岡氏はテクノロジーで、画一化の動きに抗いたいのだと言う。

ワイン好きが高じて自ら農業の現場に

 私が西岡氏と出会ったのは、株式会社リバネスが主催する第2回アグリサイエンスグランプリの最終選考会だった。農業や生物学の分野で画期的なテクノロジーを開発した企業や研究者を表彰するイベントだが、西岡氏が開発したワイナリー向けの樹液流計測システムは高く評価され、オムロン賞とJT賞の2つの賞を受賞した。

 審査員から同システムの事業化の動機を聞かれ、西岡氏は「このシステムを売るために世界中のワイナリーを回りたい。世界のワインを飲んで回りたい」と茶目っ気いっぱいに語った。大きな仕事は、実はシンプルな動機がベースになることがよくある。興味を持った私は早速西岡氏に取材を申し込んでみた。

 西岡氏が無類のワイン好きであることは事実だった。西岡氏は2003年にMessapicus(メサピクス)のプリミティーヴォというワインに出会って衝撃をうけたという。決して高いワインではない。1本2500円くらいで購入できるワインだ。でも飲むだけで笑顔がこぼれる。小躍りしたくなる気分になる。「ここまで人をハッピーにできるワインがあるんだ」。これこそが生きた園芸学。これをやりたい!そう思ったという。

プロフィール

湯川鶴章

AI新聞編集長。米カリフォルニア州立大学サンフランシスコ校経済学部卒業。サンフランシスコの地元紙記者を経て、時事通信社米国法人に入社。シリコンバレーの黎明期から米国のハイテク産業を中心に取材を続ける。通算20年間の米国生活を終え2000年5月に帰国。時事通信編集委員を経て2010年独立。2017年12月から現職。主な著書に『人工知能、ロボット、人の心。』(2015年)、『次世代マーケティングプラットフォーム』(2007年)、『ネットは新聞を殺すのか』(2003年)などがある。

ニュース速報

ワールド

米民主党、トランプ大統領の罷免求める 「国家安全保

ワールド

イラン、自国での飛行記録解析目指す、外国に渡す決定

ワールド

北朝鮮が外相交代か、外交路線に影響も 一部メディア

ビジネス

世銀、2020年のタイの経済成長予想を2.7%に下

MAGAZINE

特集:米イラン危機 戦争は起きるのか

2020-1・21号(1/15発売)

ソレイマニ司令官殺害で高まった緊張── 米イランの衝突が戦争に拡大する可能性

人気ランキング

  • 1

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物を救出」は本当?

  • 2

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 3

    人生切り売りする生き方、辞めませんか? 40代独身男性、生活費8000円の田舎暮らしのススメ

  • 4

    元CIA工作員が占う2020年の世界――危険な「伝統回帰」…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    米中貿易戦争の敗者は日本、韓国、台湾である

  • 10

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 1

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

  • 2

    韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモンスターハンターたち

  • 3

    イラン、「アメリカに死を」が「独裁者に死を」へ 旅客機撃墜に憤る国民

  • 4

    年始から「不快感」の応酬......文在寅vsアメリカは…

  • 5

    野生のコヨーテ3匹を猫が撃退! 「クレイジーキャッ…

  • 6

    日本も見習え──台湾はいかにポピュリズムを撃退したか

  • 7

    オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

  • 8

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

  • 9

    韓国でトゥレット障がい者のユーチューバー、「演技…

  • 10

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 1

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 2

    韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

  • 3

    韓国の自動車が危ない?

  • 4

    複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

  • 5

    トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

  • 6

    イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

  • 7

    3分で分かるスター・ウォーズ過去8作のあらすじ(初…

  • 8

    ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

  • 9

    訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

  • 10

    最恐テロリストのソレイマニを「イランの英雄」と報…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
「STAR WARS」ポスタープレゼント
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!