コラム

インド工科大学で聞いた「インドでAIの呪いは起きるのか」

2018年09月13日(木)16時40分

NITIアアヨーグの若手が集まって、「人工知能のための国家戦略--#AIFORALL--」というディスカッションペーパーを2018年6月に出した。もともとは財務大臣がNITIアアヨーグにAIに関する国家プログラムの確立を求めたことがきっかけで、そのための提言を行うのがこのディスカッションペーパーの目的である。「#AIFORALL」というハッシュタグをキーワードにし、「すべての人のためのAI」を目指している。

AIは国防を含むいろいろな産業に影響を与える可能性がある。インドでも金融や製造業ではAIの活用が進み始めているという。このディスカッションペーパーでは、NITIアアヨーグの所管と照らし合わせ、政府によるテコ入れが必要という視点から、(1)ヘルスケア、(2)農業、(3)教育、(4)スマートシティとインフラストラクチャ、(5)スマートモビリティと交通、という五つの部門が分析・提言の対象になった。

そして、それを推進するための課題として以下の点を挙げた。

(1)AI研究開発において広範な専門知識が欠けている。
(2)データのエコシステムがないため、インテリジェントなデータにアクセスできない。
(3)必要なリソースを得るコストが高い割にAIの活用に関する意識が低い。
(4)データの匿名化に関する公的な規制が欠如するなどプライバシーやセキュリティの問題が残る。
(5)AIの活用と適用に関する協調的なアプローチがない。

こうした現状を打破するために基礎研究用と応用研究用の二つの研究機関を設置せよと提言している。

AIで仕事はなくなるか

インドの街中は、バス、車、リキシャ、バイクが入り交じって走り回っている。タクシーも走っているが、米国生まれの配車サービスUBERや地元インドのOLAのステッカーを付けた車も多い。15分程度の場所なら100ルピー(150円程度)で行けてしまう。リキシャならもっと安いだろう。インドでAIを使った自動運転が導入されれば、この人たちが失業してしまうかもしれない。人件費がいらない自動運転の配車サービスが主流になれば、運転手は路頭に迷うことになるだろう。試しに乗ってみたUBERの運転手は4000回も客を乗せたというプロフィールになっていた。

IMG_6250.JPG

インドの街を走る車

しかし、NITIアアヨーグの著者たちはそうはならないという。報告書の中では「キロメートルあたりの運転手のコストが低すぎるので、インドでは自動運転は経済的に実行可能ではない」と指摘している。この点について著者たちに改めて質問すると、AIの導入が一夜にして進むわけではなく、時間がかかり、移行期間がある。その間に新しい仕事が生み出されて人々は適応していくだろうと楽観的な見通しを示した。

プロフィール

土屋大洋

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授。国際大学グローバル・コミュニティセンター主任研究員などを経て2011年より現職。主な著書に『サイバーテロ 日米vs.中国』(文春新書、2012年)、『サイバーセキュリティと国際政治』(千倉書房、2015年)、『暴露の世紀 国家を揺るがすサイバーテロリズム』(角川新書、2016年)などがある。

キーワード

ニュース速報

ビジネス

東芝、議決権の1.3%集計せず 三井住友信託「他社

ワールド

香港最高裁の豪州国籍判事が辞任、国安法への懸念で

ビジネス

コロナ禍でもグローバリゼーションは続く=日銀総裁

ワールド

中国軍機18機が台湾識別圏に入る、海峡付近で演習 

MAGAZINE

特集:誤解だらけの米中新冷戦

2020-9・22号(9/15発売)

「金持ち」中国との対立はソ連との冷戦とは違う── 米中関係史で読み解く新冷戦の本質

人気ランキング

  • 1

    ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

  • 2

    過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

  • 3

    中国とのライバル関係を深刻に扱うべきでない理由

  • 4

    ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

  • 5

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 6

    2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

  • 7

    ツイッター、トランプの投稿にイエローカード バイデ…

  • 8

    トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

  • 9

    ファイザーの新型コロナワクチン後期試験、被験者に…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

  • 4

    「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベ…

  • 5

    【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

  • 8

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

  • 9

    EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

  • 10

    伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

  • 1

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 2

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 3

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

  • 4

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 5

    手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

  • 6

    中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

  • 9

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!