コラム

サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

阻止されたロシアによる選挙介入──攻勢に転じた米国サイバー軍

<ロシアが2018年米国中間選挙にも大規模な選挙介入を企て、それに対し米国サイバー軍が先制サイバー攻撃していたことがわかった。平時に日本でと

2019.03.19
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

ファーウェイ問題の深淵:サイバースペースで前方展開する米国

<サイバーセキュリティでの「前方で防衛する」とは、悪意のあるサイバー活動をその発信源で妨害し、止めるということで、それが現在の米国防総省のサ

2019.01.16
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

現代の模範村、中国・烏鎮(ウーチン)で開かれた世界インターネット大会

<2014年から中国・烏鎮で開催されてきた世界インターネット大会の5回目が開かれた。集団的ガバナンス=集体治理を主張する中国の意図とは...

2018.11.14
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

ビル・クリントンが書いたサイバー攻撃をテーマとした小説『大統領失踪』

<ビル・クリントンが、サイバー攻撃をテーマにし、大統領を主人公とする小説を書いた。元米国大統領という当事者が、小説という形を借りて社会に投げ

2018.11.07
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

外交の長い道のり──サイバースペースに国際規範は根付くか

<サイバースペースをめぐる国際規範がどれだけの効果を持ちうるのか...。シンガポールで行われた「サイバースペースの安定性に関するグローバル委

2018.10.26
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

インド工科大学で聞いた「インドでAIの呪いは起きるのか」

<インド工科大学を訪ねて、インドにおける人工知能研究の現在とその役割の可能性を聞いた> 「IITに落ちたらMITに入る」といわれる名門大学が

2018.09.13
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

プーチンが語る「デジタル・フリーダム」

<W杯で盛り上がる中、モスクワで開かれた国際サイバーセキュリティ会議で、プーチンが「デジタル・フリーダム」を語った> ロシアのウラジミール・

2018.07.12
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

AIはだませる?──サイバーセキュリティにAIを使う期待と不安

<イスラエルで大きなサイバーセキュリティのイベントが開かれた。サイバーセキュリティにAIを使うというアイデアへの期待と不安> 今から35年前

2018.07.02
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

サイバー攻撃を受け、被害が出ることを前提に考える「レジリエンス」が重要だ

<サイバー攻撃を攻撃を受けることを前提にし、素早く復旧して被害を最小限にするというレジリエンスの考え方が重要になっている> 東欧のルーマニア

2018.05.11
サイバーセキュリティと国際政治 土屋大洋

ついに行われた米国サイバー軍の昇格 自衛隊はついていけるのか

<米国のサイバー軍の統合軍への昇格が発表された。日米同盟下で自衛隊はついていけるか> 日本のゴールデンウィークのさなか、米国のサイバー軍(C

2018.05.10

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!