コラム

国民の「安心」のため外国人を締め出す政府は、むしろ「不安」を拡散している

2021年12月16日(木)18時56分
西村カリン
外国人の入国

AP/AFLO

<オミクロン株の対策として根拠の乏しい「外国人の入国禁止」する政府は、「安心」を強調し過ぎて逆に人々を不安にさせる>

約20年前から、フランスのマスコミの特派員として日本の政治ニュースを担当している私だが、いまだに驚くことがある。日本の政治家の演説や記者会見の内容を分析すると、「安心」という言葉が必ず出ることだ。何か問題が起きたら、政府はその問題に直接対応することよりも、その問題によって国民の不安が起こらないことを重視し、国民を安心させるための発言をする。

自民党と公明党の政権だけでなく、東日本大震災のときの民主党政権もそうだった。もちろん国民を安心させるのは大事なことだが、それは政策なのか。答えは「ノー」だ。本来は適切な政策が前提にあるべきで、政策の1つの成果として国民の安心があるはずだ。

逆に、国民を安心させることが目的なら、それは正しくない、適切でない、根拠のない政策につながる可能性がある。残念ながら安倍政権も、菅政権も、岸田政権も国民を安心させるために根拠が不透明の政策を実施しがちだ。分かりやすい例が、新型コロナウイルスの水際対策だろう。

オミクロン変異株が発見されて間もなく、日本政府は水際対策を強化した。それは当然のことだ。ただ、どうやって措置を強化したかが問題だ。

岸田文雄首相は11月29日午後、「最悪の事態を避けるために緊急避難的な予防措置として、外国人の入国は30日午前0時から全世界を対象に禁止する」と発表。外国人の新規入国を停止し、入国人数を減らそうとした。林芳正外相は30日の記者会見で岸田首相の発言を引用しながら、「国民の皆さんの不安を予防的に取り除くという観点も踏まえて、今回の対応がなされたと私も認識している」と述べた(写真は12月2日、成田国際空港に到着して検疫を待つ人々)。

国民は安心してもウイルスは「入国」した

問題は外国人の入国を禁止しても、国民を安心させても、ウイルスが無断で「入国」したこと。科学的根拠の乏しい政策だから当然だろう。日本人の入国を認めるのに、外国人の入国や再入国を禁止するのは間違いだ。PCR検査を繰り返し、ウイルスのゲノム解析をして、長期間の隔離措置を取るほうが確実に感染拡大を防ぐことができる。

確かにそうした科学的な政策を説明しても、国民はすぐには安心しないだろう。でも国民に分かりやすい、受け入れやすい政策を重視するのは政治的な「デマゴギー」だ。根拠がない公約や政策に成果があると強調するのはデマゴギーにほかならない。

日本で「デマ」という言葉は「嘘」という意味で使われているが、デマゴギーは必ずしも嘘だけではない。デマゴギーは聞く側(国民)が望んでいることと、政治家が言うことが一致するもの。そこに根拠があるか、実現ができるかは別の話だ。

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

デンマーク首都のモールで銃撃、3人死亡 22歳男訴

ワールド

警官が黒人男性射殺、約60発の銃弾 米オハイオ州で

ワールド

米テキサスとオハイオの州最高裁、中絶制限・禁止を支

ビジネス

中国と香港「スワップコネクト」開始へ、半年後にまず

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 3

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を堂々と話すのが上達への近道だ

  • 4

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 5

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 6

    スリランカ、ガソリンほぼ尽きる 給油所に人の波...…

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    ロシア人バレリーナ、死体で発見。ウクライナ侵攻後…

  • 9

    右足のない人骨は古代中国「五刑」の犠牲者だった...…

  • 10

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

  • 3

    【閲覧ご注意】動画:ヒトの皮膚に寄生するニキビダニ

  • 4

    【映像】頭部に銃創と見られる傷のあるホホジロザメ

  • 5

    史実はNHK大河ドラマとまったく違う ── 源頼朝が弟・…

  • 6

    【映像】軍事侵攻後に死んだロシアのバレリーナたち

  • 7

    留守のたび荒らされる寝室、隠し撮りに映ったのは「…

  • 8

    世界の英語はほとんど「母語なまり」...日本語英語を…

  • 9

    【映像】韓国ユン大統領、NATOにまさかのNGカット掲…

  • 10

    【動画】ウィリアム王子、家族を「盗撮」したカメラ…

  • 1

    寝たふりする私の横で、私の英語を真似して笑うネイティブたち...その真意に後から気付いた

  • 2

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 3

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 7

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

  • 10

    【映像】飼い主のことが好きすぎる「寂しがり」な愛犬

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中