コラム

日本政府のコロナ「鎖国」は在住外国人への露骨な差別では?

2020年07月17日(金)17時15分
西村カリン(ジャーナリスト)
日本政府のコロナ「鎖国」は在住外国人への露骨な差別では?

多くの在住外国人がいったん海外に出ると日本に戻れない状態が続いている Pawel Kopczynski-REUTERS

<他国にならって厳しい入国制限を実施した日本政府だが、在住歴や渡航歴を見て入国許可を決めるのではなく、国籍で判断していることは問題だ>

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐために、多くの国々では一時的に「ロックダウン(都市封鎖)」が実施された。母国であるフランスもそうだった。日本政府は「都市封鎖はしない」「ロックダウンはしない」と強調したが、ほぼ完全な「鎖国」をした。2月から、中国をはじめ外国からの入国制限を次々と厳しくし、6月末の時点で入国拒否の対象は111カ国・地域まで拡大。水際対策が行われている。

今もこの鎖国体制が続いているが、日本に住んでいる多くの外国人にとっては大変な状況だ。なぜならばプライベートでもビジネスでも、いったん海外に出てしまうと日本に戻れないからだ。母国で病気になった親の介護の目的で一時的に日本から離れ、日本に戻ることができない外国人が数十人はいる。多くの国の在日大使館にとって大きな問題だ。

これを批判された入国管理局は、一部の制限を緩和した。現在では、滞在先の国・地域が上陸拒否の対象地域となる前に出国した「永住者」「日本人の配偶者等」「永住者の配偶者等」または「定住者」の在留資格を有する外国人は、特段の事情があるものとして再入国を許可。そのほか人道上配慮すべき事情があるときなど、個別の事情に応じて再入国を許可すると説明している。しかし、いくつかの大使館の担当者によると、「特段の事情」や「人道上配慮すべき事情」はとても限られたケースだ。

国籍で決めるのが一番簡単だから?

問題は、日本政府が在住歴や渡航歴を見て入国許可を決めるのではなく、国籍で判断していること。もし、私が今2人の息子と一緒にフランスに行ったとしたら、日本に帰る際に息子は日本人だから入国できるが、私は全く同じ渡航歴があるにもかかわらず再入国ができない。日本人ではないからだ。取材した入国管理局の官僚はこう答えた。「確かに、科学的な根拠のない判断だが、外国人とは違って日本人に対する入国制限はできません」

「日本の官僚たちにとっては国籍で決めるのが一番簡単だから、そうしたのではないか」と、日本在住のアメリカ人の大学教員は私に語った。結果的に、日本の政策は外国人への差別となっており、「外国人は危険だ」という考え方と同じだ。

ちなみにフランスの場合は、在住外国人をフランス人と同じように扱う。一時的に母国に行ったとしても、フランスに戻ったら再入国ができる。EUの全ての国々がそうだ。だから多くの国は、日本も在住外国人を差別しないことを求めている。

<関連記事:日本は時代遅れの「世帯主」制度をそろそろやめては?

プロフィール

外国人リレーコラム

・石野シャハラン(異文化コミュニケーションアドバイザー)
・西村カリン(ジャーナリスト)
・周 来友(ジャーナリスト・タレント)
・李 娜兀(国際交流コーディネーター・通訳)
・トニー・ラズロ(ジャーナリスト)

ニュース速報

ワールド

米政府、メキシコとの新型コロナワクチンの共有を否定

ワールド

EXCLUSIVE-米、ナワリヌイ氏への毒物使用巡

ワールド

仏コロナ規制、4─6週間は現状維持が必要=保健相

ワールド

原油価格1ドル超下落、OPECプラス会合控え増産懸

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 2

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 3

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 6

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 7

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 8

    バブルは弾けた

  • 9

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 10

    「STOP 112」タイで唱えられる反政府メッセージの意味

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 9

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 10

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!