コラム

Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

不確実性に包まれた今の時代こそ、村上春樹がノーベル文学賞にふさわしい

<国境を超えてあらゆる現代人に関わる問題を描く村上春樹は、いつ栄誉に輝いても不思議でない> 西洋人が「日本文学愛好家」をもって任じる場合、た

2019.10.15
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

マララと真逆のグレタ・トゥーンベリが、人々の心をつかめる理由

<国連でのスピーチで「時の人」になった16歳の環境活動家には「大人たちの操り人形」という批判もあるが、そのアピール力は危険なまでに魅力的だ>

2019.09.30
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

MITメディアラボ所長「ジョイ」辞任で露呈した競争社会アメリカの暗部

<性犯罪で起訴され自殺した富豪の寄付を受けた、MITメディアラボと伊藤穣一の経済的プレッシャー> アメリカのエリート大学が評判の急落に直面し

2019.09.18
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

29歳天才クオーターバックの早過ぎる引退から学べること

<輝かしいキャリアに自ら終止符を打った決断からビジネスマンが読み取るべき重要な教訓とは> 定年前や正式な契約期限切れの前に退職して、同僚や部

2019.09.04
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

福祉受給者は締め出し? トランプ新移民規制の衝撃

<トランプ政権が永住権やビザの審査を厳格化する方針を発表──厳し過ぎる規制がもたらす思わぬ副作用とは> アメリカの移民当局がグリーンカード(

2019.08.24
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

民主党女性議員4人組「スクワッド」とトランプは似たもの同士

<どちらも全米では「好き」より「嫌い」のほうが多い――トランプの差別ツイートは再選のための作戦か> トランプ米大統領が7月14日に発した「国

2019.08.14
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプが国勢調査の質問に国籍を追加したかった理由

<市民権の有無についての質問が移民を怯えさせ、人口が実際より少なく出れば選挙で自分が有利になれる> アメリカでは10年ごとに国内の全人口を集

2019.07.24
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

2020米大統領選でトランプに挑むのは誰か──最初の民主党討論会から占う

<大本命が失速し、カマラ・ハリスが急浮上――でも意外なダークホースの名は......> 手っ取り早くアメリカ政治の風を読みたければ、まずは賭

2019.07.10
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

「トランプ転がし」の名人、安倍に勧める5つの秘策

<気まぐれで予測不能で子供じみた大統領から、最大の成果を引き出すために必要なのは変化への備えだ> トランプ米大統領をおだてることにかけては、

2019.05.25
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

移民はまとめて「聖域都市」へ、トランプの奇策に問題点

<移民に寛容な民主党支持の地域への強制移住案は、地方と中央が対立する米連邦制度の本質を突いているが> トランプ米大統領は4月12日、不法移民

2019.05.18

MAGAZINE

特集:AI vs. 癌

2019-10・22号(10/16発売)

ゲノム解析と人工知能で最適な治療薬を発見する究極の癌治療が人類を「最後の敵」から救う日

人気ランキング

  • 1

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

  • 2

    ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

  • 3

    中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

  • 4

    性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

  • 5

    韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

  • 6

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 7

    韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

  • 8

    交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

  • 9

    日本と韓国の危険なゲームが世界経済を殺す

  • 10

    ラグビーW杯で考えさせられる、日本の「おもてなし力」

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

  • 6

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 7

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 8

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 9

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

  • 10

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!