コラム

「ミニ・トランプ」と呼ばれながらあっと言う間に撤退したデサンティス、全てはあのためだった?

2024年02月02日(金)17時10分
デサンティス

デサンティスは共和党予備選から早々に撤退したが REBA SALDANHA―REUTERS

<共和党候補者争いであれだけ話題を集めていたデサンティスが、まさかの早期撤退。そして今、トランプの副大統領候補として急浮上しているのは、「トランプ推し」の若手女性議員......>

1年ほど前、ロン・デサンティスはアメリカで最もホットな政治家だった。フロリダ州知事選で対立候補に20%の大差を付けて再選。その圧勝ぶりに、評論家は大統領になるのは間違いないと持ち上げた。故ケネディ大統領夫人のジャクリーンと比較される元テレビ司会者の妻を持ち、見栄えのする家族に囲まれたその姿は、共和党のトランプ時代は終わったと思わせた。

だが、予備選の出はなでスターの輝きは消え失せてしまった。デサンティスは初戦のアイオワ州党員集会後、選挙運動の停止を発表。トランプ支持に回った。アイオワ州の党員集会では、どの候補よりも多くの時間をかけて州内を回ったが、結局1つの郡も取れなかった。


共和党の大統領候補指名レースに正式出馬する前は、1対1ならトランプに勝てるとする世論調査もあったが、全米レベルで足場を固めることはできなかった。X(旧ツイッター)での出馬宣言は、不具合により途中で演説が何度も中断され、物笑いの種になった。

デサンティスは要するにトランプの後継者(もっと若くて知的な2代目)になろうとしたが、「王」のほうは玉座を下りるつもりがなかった。

デサンティスがトランプへの怒りを募らせながらも早期撤退を決めたのは、2028年以降の可能性を残すためだ。何しろまだ45歳である。トランプの副大統領候補をめぐる争いは面白くなりそうだ。

前大統領がかつて人気を博した自分のリアリティー番組『セレブリティー・アプレンティス』を模して、候補者に夕食の席で歌を歌わせたり目の前でひれ伏すよう強要しても、私は驚かない。予備選の選挙演説でトランプを酷評したデサンティスやニッキー・ヘイリー元国連大使にも可能性は残されている。

デサンティスはこう指摘した。「たとえアメリカで最も無価値な共和党員でも、指輪にキスすればトランプは褒めてくれるだろう」

副大統領候補レースが始まった

今のところ、トランプの指輪に最もうまくキスしてみせたのは、既に予備選から撤退済みのティム・スコット上院議員と起業家のビベック・ラマスワミだ。スコットは最近、長年の恋人と婚約することで弱点に対処した。トランプは「型にはまった」政治家と組みたがるので、生涯未婚の副大統領は問題外だったはずだ。

一方、ラマスワミの欠点は「伴走者」にしては語り口が流暢で頭の回転が速すぎること。賭け市場では、スコットが選ばれる確率は17%、ラマスワミは14%だ。

トランプが大統領選の本選挙で勝つ確率を上げたいのであれば、民主党と共和党の間で拡大しつつある支持者の男女格差を埋めるために女性を副大統領候補に選ぶべきだ。

最適なのは外交経験があり、テレビ映りのいいヘイリーだろう。今は激しいトランプ批判を展開中だが、自分を猛追するライバルをあえて選ぶことで、トランプをより大きく見せる効果もある。バイデン現大統領も前回の選挙戦で、自分を最も執拗に攻撃したカマラ・ハリスを副大統領候補に選んだ。

賭け市場によれば、ヘイリーが副大統領候補になる確率は9%。現時点で賭け市場の確率トップは、ハーバード卒のエリス・ステファニク下院議員(25%)だ。現在39歳でトランプ以上に目立つ心配はなく、本選挙で女性票の積み増しが期待できる。ステファニクは今回の選挙戦で最初にトランプを支持した下院議員というのが自慢で、前大統領に対する性的暴行の告発は信じていないと公言している。

最後に候補者をもう1人、サウスダコタ州知事のクリスティ・ノームを挙げておく。もしトランプが彼女を選んだら、私は読者から天才と呼ばれるだろう。選ばなくても、忘れてもらえるはずだ。

プロフィール

サム・ポトリッキオ

Sam Potolicchio ジョージタウン大学教授(グローバル教育ディレクター)、ロシア国家経済・公共政策大統領アカデミー特別教授、プリンストン・レビュー誌が選ぶ「アメリカ最高の教授」の1人

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ナワリヌイ氏の釈放交渉「死亡直前に最終段階」=支援

ビジネス

米国株式市場=小幅安、経済指標に注目

ワールド

原油先物、1ドル超上昇 供給途絶の懸念で

ワールド

イスラエル、ICJにガザ大量虐殺防止措置巡る報告書
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 3

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の華麗な「王室プロトコル」にファンがうっとりため息

  • 4

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    炎で夜空が赤く染まる映像...ウクライナ無人機がロシ…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 9

    「豊胸手術をしなければよかった」...ヴィクトリア・…

  • 10

    ウクライナで兵力動員が難航...著名部隊「ダビンチ・…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 6

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 7

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 8

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 9

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 10

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story