コラム

Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

安倍晋三、トランプ、文在寅......新型コロナ対応で評価を上げた人、下げた人

<パンデミックで問われた政治的手腕で期待に応えた指導者は誰か、首脳の対応力を採点してみると......> 政治の世界には、リーダーは「よい危

2020.04.07 
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

新型コロナを予言?米政府「的中シナリオ」が占う大統領選

<リークされた米保健当局の想定演習が現実に。混乱するアメリカ社会で国民が求めるリーダーは誰か> 米政府は2019年1〜8月に、ある演習を実施

2020.03.24
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

ついに復活、大本命バイデンの「内なる敵」は若者たち?

<大逆転で勢いに乗るバイデンだが、若者の反乱に足をすくわれたらトランプに勝てない> ジョー・バイデンは地獄を見た男だ。絶望の淵からはい上がっ

2020.03.12
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

テレビ討論会で大コケ、それでもブルームバーグが大統領候補になり得る5つの理由

<過去最高の視聴率を獲得した民主党テレビ討論会で、ブルームバーグは大コケした。民主党内だけでなく、トランプの格好の標的にも。それでも彼の「脱

2020.02.25
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

ブティジェッジは米史上最もデータを駆使する「天才政治家」

<米大統領選の民主党予備選で、38歳のピート・ブティジェッジが大躍進。初戦のアイオワ州で勝利、次のニューハンプシャー州で僅差で2位に躍り出た

2020.02.12
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

ニューヨーク・タイムズに告ぐ、もう候補者推薦を止めよ

<読者のために良かれと思い160年も続けている習慣だがトランプ時代にはそぐわない> 新聞は建前上、現実の公正な媒介者であり、読者が客観的な情

2020.01.29
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

弾劾訴追でもトランプ再選は可能性大、米民主党ではあの人物が立候補へ?

<無能で腐敗したトランプに再選の可能性が高まっているのには、2つの理由がある。そして12月、米民主党候補として世論調査でバイデンを上回る支持

2019.12.27
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

【2020米大統領選】バイデンの「1期だけ」作戦は意外な好手

<大統領選でバイデンが勝てば就任時には78歳。1期4年間という職務期間はトランプ政権を断ち切り、有権者の不安を軽減させることもできる理にかな

2019.12.25
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプの成績表:サイボーグ超えの破壊力で自国の評判を落としたが...

<外交、経済、内政、安全保障――「ガキ大将」をどう評価するか? リーダーとしての能力と資質からアメリカ政治を読み解く。世界の首脳を査定した本

2019.12.19
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

中曽根時代の日本が「アメリカ・ファースト」のトランプを作った

<アメリカが恐れた日本発展の立役者──巧みな外交術とレーガンとの個人的友情が、保護主義を掲げる現トランプ大統領の世界観を形成していた> 中曽

2019.12.11

MAGAZINE

特集:ルポ五輪延期

2020-4・14号(4/ 7発売)

「1年延期」という美談の下に隠れた真実── IOC、日本政府、東京都の権謀術数と打算を追う

人気ランキング

  • 1

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 2

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 3

    「コロナ後の世界」は来るか?

  • 4

    新型コロナの物資配給に「社会的距離ゼロ」のバング…

  • 5

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 6

    新型コロナで都市封鎖しないスウェーデンに、感染爆…

  • 7

    コロナで破局?ベビーブーム? 「自宅待機」で変わ…

  • 8

    「感染者ゼロ」北朝鮮の新型コロナウイルス対策

  • 9

    コロナウイルスで露呈した中国の本性(一応、ジョー…

  • 10

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 1

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロナウイルス拡大防止に

  • 2

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけでなく、生命維持に必要なのだ」大規模支援

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    ブラジル大統領ロックダウンを拒否「どうせ誰もがい…

  • 5

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 6

    台湾人だけが知る、志村けんが台湾に愛された深い理由

  • 7

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 8

    新型コロナ、若者ばかりが責められて「中高年」の問…

  • 9

    コロナ禍のアメリカでひよこがバカ売れ

  • 10

    食肉市場に出回るペット 出荷前には無理やり泥水を…

  • 1

    一斉休校でわかった日本人のレベルの低さ

  • 2

    日本が新型肺炎に強かった理由

  • 3

    「コロナ失業」のリスクが最も高い業種は?

  • 4

    BCGワクチンの効果を検証する動きが広がる 新型コロ…

  • 5

    ドイツ政府「アーティストは必要不可欠であるだけで…

  • 6

    日本で新型コロナの死亡率が低いのは、なぜなのか?

  • 7

    韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

  • 8

    新型コロナショック対策:消費税減税も現金給付も100…

  • 9

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 10

    豪でトイレットペーパーめぐって乱闘 英・独のスー…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!