コラム

Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプの潔白は証明されていない......ムラー報告書12のポイント

<これでロシアゲートの疑惑は払拭されたのか? 報告書の全文公開で問題再燃の可能性も> 「完全かつ全面的に潔白が証明された」――3月24 日、

2019.04.13
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

不正入学事件が浮き彫りにした、平等の国アメリカの不平等な現実

<成功するチャンスは誰にでもあるはずだったのに、資産家が資金力で子供を一流大学に送っていた> アメリカン・ドリームを夢見ている人は、アメリカ

2019.03.30
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

ムラー報告書を切り抜けても「トランプゲート」は終わらない

<本丸はロシアゲートより数々の経済犯罪だ――もしトランプが大統領の地位を失えば刑事訴追は免れない> ロバート・ムラー特別検察官は、過去1年間

2019.03.16
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

大統領権限の抑制に繋がりかねない、トランプ式「根拠なき」非常事態宣言

<メキシコ国境に壁を造るための根拠なき非常事態宣言は、議会に権力抑制の口実を与えかねない> 行政府の長としての権限をやたらと振り回すトランプ

2019.03.01
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプ政権がベネズエラを放っておけない最大の理由

<他国のことには関わり合わない方針だったはずなのに、イデオロギー戦争の一環として野党を強力に支援> フアン・グアイドは、目まいがするような気

2019.02.16
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプ再選を阻むのは誰? 混戦の民主党レースを読む

<2020年米大統領選の民主党レースは本命不在の大混戦――抜け出すのは若きカリスマ政治家か、それとも......> ついにこの日がやって来た

2019.02.02
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

壁のために政府閉鎖を招いた、トランプに吹きつける逆風

<「壁を造る」と連呼したことで大統領になれたトランプだが、今回の騒動は政権の問題点を浮き彫りにした> 15年6月、ドナルド・トランプが翌16

2019.01.19
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

2020年の米大統領選を占えば

<高い支持率を維持するトランプの再選が実現する? 無視できない波乱材料と侮れない「あの人」> ワシントンで18年12月5日に行われたジョージ

2019.01.12
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

誰かと比べると際立つ、故ブッシュ大統領の偉大さ

<外交・内政の実質的な成果が過小評価されているが、公正で寛大な良き保守派を代表する指導者だった> それは象徴的な光景だった。12月5日に首都

2018.12.15
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

強烈な被害者意識と自尊心 ゴーンが見せていた危うい兆候

<後に問題が発覚する経営者を見抜く方法はないのか。ゴーンは権力を独り占めし、次世代のリーダーを育てなかった> 「超大物」「巨人」「レジェンド

2018.12.03

MAGAZINE

特集:世界が尊敬する日本人100

2019-4・30号(4/23発売)

お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

人気ランキング

  • 1

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

  • 2

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA論文

  • 3

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 4

    土星最大の衛星タイタンで深さ100メートル超の湖が発…

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    羽生結弦が「最も偉大な男子フィギュア選手」である…

  • 7

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 8

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 9

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 10

    連続爆発テロ:スリランカはなぜ狙われたのか

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 7

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 8

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 9

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 10

    5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 5

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 6

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!