コラム

Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

2020年の米大統領選を占えば

<高い支持率を維持するトランプの再選が実現する? 無視できない波乱材料と侮れない「あの人」> ワシントンで18年12月5日に行われたジョージ

2019.01.12
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

誰かと比べると際立つ、故ブッシュ大統領の偉大さ

<外交・内政の実質的な成果が過小評価されているが、公正で寛大な良き保守派を代表する指導者だった> それは象徴的な光景だった。12月5日に首都

2018.12.15
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

強烈な被害者意識と自尊心 ゴーンが見せていた危うい兆候

<後に問題が発覚する経営者を見抜く方法はないのか。ゴーンは権力を独り占めし、次世代のリーダーを育てなかった> 「超大物」「巨人」「レジェンド

2018.12.03
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

中間選挙で見えた、強気を装うトランプの脆弱な足元

<選挙には勝ったが、20年の再選と今後の生き残りに暗い影を落とす結果に> 今回のアメリカ中間選挙で明らかになった複雑な民意を単純に白か黒かで

2018.11.15
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

トランプの命運を握るのは、米議会選より州知事選

<中間選挙で米議会の構成が変わっても弾劾罷免はあり得ない......2年後の大統領選に影響する州知事選のほうが重要だ> 11月6日の中間選挙

2018.11.03
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

米中間選挙後の民主党がトランプ弾劾を目指さない理由

<民主党は2年後の大統領選に照準を合わせる――20年前のクリントン弾劾からその戦略を読み解く> 前回、アメリカ大統領が弾劾訴追されてから、今

2018.10.19
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

連邦最高裁判事指名、カバノー騒動が浮き彫りにした米政治の劣化ぶり

<トランプが連邦最高裁判事に指名したカバノーは「法の番人」に求められる資質を完全に欠いている> 17歳のブレット・カバノーが当時15歳の女性

2018.10.05
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

伝説の記者ウッドワードの暴露本は、トランプ政権への挑戦状

<70年代にニクソン大統領を辞任に追い込んだボブ・ウッドワードはトランプの首も狙うのか> トランプ政権の内幕を描いたボブ・ウッドワードの『フ

2018.09.22
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

「小さな男」トランプが支配するアメリカに、「大きな男」マケインの死が響く

<勇気、誠実、礼節......脳腫瘍で世を去ったマケインは、その死を侮辱した誰かとは違う器の大きい男だった> ジョン・マケイン米上院議員の死

2018.09.07
Surviving The Trump Era サム・ポトリッキオ

禁断の「Nワード」発言でもトランプ支持層は揺るがない

<アフリカ系の元ホワイトハウス高官の「告発」により、トランプの人種差別と政権の迷走は明白だが......> 狭量で意地が悪く、人種差別的で感

2018.08.25

MAGAZINE

特集:世界があきれる東京五輪

2021年6月15日号(6/ 8発売)

国民の不安の声や専門家の疑念は無視して
「安心・安全」を繰り返す日本を世界はこう見ている

人気ランキング

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

  • 3

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

  • 6

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 7

    イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

  • 8

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 9

    「宿題なし・定期テストなし」でも生徒が勝手に勉強す…

  • 10

    ワクチン副反応、実は若い男性で心筋炎が多発 ファ…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 3

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

  • 4

    EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

  • 5

    ビットコインを暴落させたマスクにアノニマスが「宣…

  • 6

    山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

  • 7

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 8

    将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

  • 9

    ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

  • 10

    水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    脱・脱日本依存? 韓国自治体が日本の半導体材料メーカー誘致に舵を切っている

  • 4

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレ…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

  • 7

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

  • 10

    捕獲のプロが巨大ニシキヘビに遭遇した意外な現場...…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中